teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:55/4468 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 我慢できないほどの強烈な性欲

 投稿者:国語  投稿日:2020年12月27日(日)08時55分45秒
  通報 返信・引用
  国語さんへのお返事です。

> だから、女子にも「リビドー」が発生してきたのか発見されたのか、繁殖がださいもの認定されたから繁殖欲が変化したのかちょっとわからないんですが、そういうものが出てきた、とすると、なかなか深いですよね。
>
> というのは、ラカンが合っているとすると、女子のリビドーは女子に向かう可能性もありますよね。


…ここなんですけど。

これ、どうなんですか?

私は実は地下水脈のようにあてにしていた、信頼していた、頼りにしていた、なんなら崇拝していた漫画家さんがおりまして、その方がある話を書いてから沈黙してしまったのがものすごく気になっているのです。
それは「鈴木雅子」という奇妙なくらい平凡な名前の方なんですが。

独自のものがあったし、他で補給できるかわからない。
更に「ある話」とは、親友に結婚を報告した女性が親友から「女同士であっても私はあなたがよかったのに!」と責められた挙げ句動転しながらひとり帰宅した夜道で交通事故により亡くなってしまう…という衝撃な話だったのです。
画面の印象から非常におとなしそうな鈴木雅子さんは、編集者から「百合ブーム」を理由になんとか同性愛を描け!と圧をかけられ、どうにか繁殖を肯定してきた私の漫画家人生は一体何だったのだろう…と、やる気をなくしてしまったのではないか?
『言葉をネックレスに』などの作品(この掲示板でも引用しました)で私は随分助かったのに鈴木雅子さんに何もできていません。

だから、ミュトスもサプリメントですから、ナチスが食事をきちんと与えつつ餓死させたようなこと、今起きていませんか?

おかしいな、と、私は思います。

では。
 
 
》記事一覧表示

新着順:55/4468 《前のページ | 次のページ》
/4468