teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


訂正

 投稿者:φ  投稿日:2019年 3月24日(日)14時13分41秒
返信・引用
  > No.5697[元記事へ]

いかん。また書き間違えが2件ありました。
 すみません、訂正します。

>
> lim[y→0](1-(1-y)^1/y)=(e-1)/e と言ったはずですよ。
> lim[y→0](1-(1-1/2)^250)は左辺の例になってません。
> どうしてもお判りいただけませんか。出来事数xを確率yの従属変数とすることで注目時間幅を決めるというモデル化が。
>

 ↑
2行目はこう書くべきでした。 (lim[y→0]を削除)
(1-(1-1/2)^250)は左辺の例になってません。


lim[y→0]が付いていても、空虚なだけで、間違いとは言えませんが、
値を持つ表現に束縛変項を付けることは普通しないので。
  「例になってません」のところ、「例」でなく「項」と書くべきかな? 「代入例?」 数学の慣用、ここはどなたか教えてくださると幸いです。

もうひとつ、

>
> 出来ればメールではなく、大学か、研究会まで。
>

 できればずっとメールでやり取りではなく、 の意味でした。
 
 

Re: 遅読猫さんは、どうぞ直接おいでください

 投稿者:φ  投稿日:2019年 3月24日(日)06時47分59秒
返信・引用
  > No.5697[元記事へ]

φさんへのお返事です。

あ、国語さんと入れ違いでした。

遅読猫さん、おわかりいただけましたか。
前回も同じパターンでしたが、
これだけ言われるということは、御自分に問題あると反省してください。

ぜひ直接おいでください。
出来ればメールではなく、大学か、研究会まで。
大学なら、法文2号館の4階、2434室です。
 

遅読猫さんは、どうぞ直接おいでください

 投稿者:φ  投稿日:2019年 3月24日(日)06時43分34秒
返信・引用
  Tedさんのネタ振りは、確率関係・ゲーム関係・トランス関係どれも貴重ですのでこれからもお願いします。
ちなみに透析のあの事件は、週刊新潮の今号に載ってますね。記事は病院に批判的、識者の意見は、病院寄りのようです。
そんなもんですかね……?

さて遅読猫さん、
ここに来るようになった経緯というのは国語さんが言うとおりなんですね。了解しました。
で、
「先に吹っかけた」というのは私の最初の応答のことですか。
https://8044.teacup.com/miurat/bbs/4472
たしかに、遅読猫さんは議論はキライですよね。
これからはなるべく遅読猫さんに議論は吹っかけないようにします。
というか、答えるのをやめた方がよいようですね。

>
> 今回三浦さんが自分はいいかげんなことを言っている癖に、
> 他人はボロかすに馬鹿にしているのを見かけて
>

 石黒真木夫特命教授って方のことですか。
 「システムの原因」があるものと前提している軽率な言い方が「専門家とは思えない」と言いましたが、あれは専門家を尊敬するがゆえの「ボロかす」ですよ。
 実際は、記事が特命教授の発言を歪めて書いただけなのでしょう。

 いずれにせよ、遅読猫さんのφ宛の投稿は、気づきしだい次回から消します。
(すでに返信が付いていたらその限りではありませんが)

遅読猫とφとの【ここでの】やりとりはこれで終了です。

遅読猫さんは、議論の意思があれば、本名を出して直接、私のところに来てください。
メールでもいいし、
研究会に来られればもっといいですね。

以前、この掲示板でφとわりと険悪なやりとりになった人がいて、
御本人、研究会に来られたのですが、某国立大学の数学の教授でした。
仲良くお話しできましたよ。

そうだ、
国語さん、
https://green.ap.teacup.com/miurat/5815.html

に告知した「人文死生学研究会」(30日)には渡辺恒夫が来ますよ。
主宰側として、たぶん渡辺さんが司会します。いかがですか。おいでになっては?

遅読猫さんが直接来てくれるかどうかわからないので、
最後にここで、一応お答えしておきましょう。

>
> なぜ
> 期間を特定しなければ、「yの値と独立に、xを無制限に大きくしてよいです」と許可して、
> 期間を特定すれば、「xとyは相関するという制約」をかけるんでしょうか?
> それに、0.6 って、1/y が無限に発散した場合の値ですよね。
> 期間を特定した場合に試行回数を無限に発散させてどうするんです?
>

① 【期間を特定しなければ、「yの値と独立に、xを無制限に大きくしてよい」と許可
した】のではなく、
「yの値と独立に、xを無制限に大きくしてよい」ということの意味が、期間を特定しないということなのです。

② 【期間を特定すれば、「xとyは相関するという制約」をかける】
のではなく、
「xとyは相関するという制約」ということの意味が、期間を特定するということなのです。

③ 【0.6 って、1/y が無限に発散した場合の値ですよね。】
 1/yは出来事の数ですが、それは、確率yを先に推定してから決められます。出来事の数を調達するのは確率を得た後です。
 いったん、「目前のシンクロに驚いて、事前確率yを算定する」という具体的作業が入るので(サッカーくじの数字列を見るとか)、どんなに小さなyを得ようが(0へ収束するいかなる段階だろうが)、そのy獲得と相対的にはxは発散しようがありません。
 yと独立にxを∞へ発散させた場合と、y→0に従属したxが結果として発散する場合を区別してください。

④ 【期間を特定した場合に試行回数を無限に発散させてどうするんです?】

 期間を特定したとき、発散などしません。

 改めて、前回の拙文からこの部分を引用します↓

 x=1/yとしているのは、
「確率が小さいシンクロニシティに出遭うには、確率の大きいシンクロニシティに出遭うよりも、長い時間待つ必要がありますね」
という常識的了解をモデル化したものとお考えください。

 どうしてもわかっていただけないようなので、以前のとは似て非なる記号化で区別しておきましょう↓

 ∀y∃x(1-(1-y)^x ~1)  ←どんな小確率の出来事も期間無限定なら起こってもおかしくない
 ∃x∀y(1-(1-y)^x ~1)  ←どんな小確率の出来事であれ起こってもおかしくない期間がある

 前者は真で、後者は偽です。

>
> 日本国内の現在子供は男の子ひとりの夫婦全てを対象にした場合、
> これから24時間で「二人めの子どもが生まれて男の子2人になる」という「シンクロニ> シティ」が1件でも起こる確率は?
>  現在一日の
出生数は約2500人。
> で、この内、1/10、250組の夫婦に既に男の子ひとりがいると仮定します。
> すると
> 当該「シンクロニシティ」が1件でも起こる確率は
> 1-(1-0.5)^250 = 1.000…(小数点以下30桁以上0です)
> あれ?
> 0.6 じゃないんですっけ?

lim[y→0](1-(1-y)^1/y)=(e-1)/e と言ったはずですよ。
lim[y→0](1-(1-1/2)^250)は左辺の例になってません。
どうしてもお判りいただけませんか。出来事数xを確率yの従属変数とすることで注目時間幅を決めるというモデル化が。

y=1/2の場合は、1/y=250ではなく、1/y=2としてください。
日本中で、二人目出産が250回ではなく2回起こる時間幅は、一瞬あれば足ります。24時間も必要ありません。

 最後にもう一度強調しておきましょう。(前掲の文言を変えました)

x=1/yとしているのは、
「確率が大きいシンクロニシティに出遭うには、確率の小さいシンクロニシティに出遭うよりも、短い時間待つだけで済みますね」
という常識的了解をモデル化したものとお考えください。
 

遅読猫さんへ

 投稿者:国語  投稿日:2019年 3月24日(日)06時36分22秒
返信・引用
  返信は無用です。
今から、ここに来るのはお互いに、やめましょう。
以上です。

φ先生、これ以降の遅読猫さんの投稿は削除してください。
このうえまだ何か書いてしまうような有様だったら、甚だ残念ながら、私も、ほかの方も「怖い人だな」と思って当然なのでね。

掲示板は誰が見ているかわからない、と以前申し上げたことの証明が遅読猫さんの御協力のもと無事完了いたしました!

ありがとうございます。
それでは。
 

Re: (無題)

 投稿者:国語  投稿日:2019年 3月24日(日)06時24分47秒
返信・引用
  > No.5693[元記事へ]

国語さんへ
お返事ありがとうございます。
>
> まず、不快思いをさせたのなら申し訳ありません。

許せないです。
私の質問にも答えていません。
よく読み直してください。

> それで、
> 私がこの掲示板に来るようになった経緯は御存知のようですが、

やめない。ということは遅読猫さんが「謎のφさん」ご本人であり「来るようになった経緯」は「仕込み」と、私は見ますよ。
そう申し上げましたので、そのように今現在は理解しております。
論理的に考えて、私の思考回路ではそうなります。
そのくらい「変ですよ」ということです。

> 先に吹っかけてきたのは三浦さんですので。

ここは、遅読猫さんの場所ではないです。
「吹っかけてきた」という概念が無効です。
それが理解できない場合は幼稚園児の言語で説明しましょう。

「ぼく?よくみてごらん。ここはね、およそのおじちゃんの、おうちだよ。ぼくのおうちとおんなじにしちゃいけないし、5ちゃんねる、っていうみんながおめんをかぶってきたいないことばたいかいをしておもいっきりあそぶところともぜんぜんちがうの。かおもじなんて、だれもつかってないよ。よくみてごらん。おやくそくをまもらないこは、けされちゃうんだよ。なんにんも、けされていたでしょう。おばちゃんはみたよ。みなかった?ほかのみんなもおじちゃんとあそびたいからあつまってる。そんなふうだと、ほかのみんなもぼくのことをいじめはじめるよ。だって、いてほしくないからだよ。そしてそれは、ぼくがわからんちんだからなんだよ。わかる?みんなは、あそびにきている。ぼくは、なにしにきてるの?きらいなおじちゃんだからきにいらないよ、っていうこは、べつの、ぼくがきにいったひとのおにわであそびな。そうしないと、むりなんだよ。ぼくのおうちにだれでもきていいよ、ってかかないのはなんで?きにいらないひとがきたらおいだしたいよ、ってきもちでしょ。だったら、ほかのひともそうおもったってしかたないな、ってこと、わかる?ぼくに『きらいだよ』ってわざわざおうちにきていってくるひととあそべる?…あそべないよね。そんなこ、いやだもんね。それとおなじなんだよ。わかる?…また、あそびができるきもちになったら、そしてよそのおうちのおやくそくがまもれるぼくになったら、きていいんだよ。おばちゃんのいってること、わかる?ぼくはいろいろよくできるから、わかるでしょう。ほんとうにわからんちんだったら、おばちゃんも、こんなこといわないんだよ。ね。」

> で、
> 一度は「来るな」と言われて、来ていなかったですが、
「見た」いうことは「来た」のですよね。矛盾しています。
一度「来るな」といわれてなぜ来た?
その答えをまず自分一人で取り出してよく見てください。
赤の他人に見せてよいものですか?

> 今回三浦さんが自分はいいかげんなことを言っている癖に、
> 他人はボロかすに馬鹿にしているのを見かけて
> 思わず首を突っ込んでしましました。

その資格はないです。
なぜなら遅読猫さんは「出禁」だからです。「来ていること自体がおかしい」のに「首を突っ込む」資格はないのです。


> で
> これ↓
>
> >数学の計算と数学の問題を混同しないように。
> >実生活で数学の計算を道具として使わざるをえない問題のほとんどは、数学以外の問題です。建築の問題、商業の問題>、物理学の問題・・・(逆に、計算を使わない数学の問題ももちろんあります)
> >サッカーくじの問題は、日常生活で自然に生起した「開いた問題」であり、システム不具合があったかどうかを実際に>突き止める実践課題です。計算を使う社会問題と言うべきでしょう。
> >だからこそ、NHKの呼びかけにどういう応答があったか、を知る必要もあるのですよ。リアリスティックな正解を知>るために。
>
> >そんな必要性を引きずっているようでは、数学の問題とは言えませんね。
> >数学の問題は規約的に閉じている必要があります。
> >開いた社会問題の計算部分を、改めて人為的な「閉じた問題」すなわち数学の問題に置き直して、学校の試験や入試に>使うことはできます。その場合は、「始めから結果に注目していた設定」にするでしょうね。つまり、「シンクロニシテ>ィが発生するかどうかの枠組み」として、閉じた抽象的な舞台が設定されるはずです。
> >設定を閉じなければ、数学の問題として不備ということになります。
>
> 国語さんにはピンと来ないかもしれませんが、

私に対する侮辱ですね。

> こういうことをそんな資格もない人間に上から目線で言われるのは

私には「上から目線」で勝手に他人の地所に入った分際で地主にはそのことで噛みつく。意味不明。

> 確かに大学の教授のように華やかではありませんが地道に理系の仕事をして生きている人間にとって、最大の侮辱です。

私のことは侮辱して平気なのに、自分はお嫌だと。なるほど。

> 私にも、端くれとはいえ、理系のプライドがありますので。

今、わたし「理系の人ってこんな嫌な人なんだ~」っておもいはじめています。「プライド」とは何か、説明してくださいよ。興味あるなあ。あ、遅読猫さんのブログでね。

> 「憂さ晴らし」ではありません。

それは、あなたがそう思っているだけでしょう。
私は「私には『憂さ晴らし』にしか見えない」と申し上げました。
この違い、理解できますか?
もしかして、できないのでは。
…そんな風に私は考え始めてて「多分できないのだろう」と言う結論一歩手前ですよ。

この一歩が、最重要ですので、ぜひ一緒に退場しましょう。退場の仕方を教えますよ。
「次にφ先生が返信されても見に来ない。どうしても我慢できなくて見に来てしまっても、返事を書かない」。割と、簡単でしょう?

これが、私の最後の書き込みです(こう書くのもいいかげん飽きた。超つまんない)。

はっきり言って、ひたすら、かなしいです。

映画も、もう見たくなくなってきた。
買わなければよかった。

残念です。

…あの歌をもう一回聞こうよ。あと、レストランは反対側の宇宙の端っこですよ。

もうみんな疲れてるんだから「赤の他人の不平不満」なんて全然およびじゃないよ。
だから、ダグラスは「コメディ」を作って「パニくるな」って訴えたんでしょ。
遅読猫さん。「庭に来るなでパニくるな」。自分でいい庭作りなよ。
それが、あの映画への最大のオマージュだよ。

んじゃ、元気でね!みっともないからパニくるなよ!!ばいばーい。
今回本当にいい勉強になったよ。ありがとう。「42」を、掲示板の最後の裏奥義として大切にするよ。

遅読猫さん、あなたに神のお恵みを。
ピース。
 

Re: (無題)

 投稿者:Ted  投稿日:2019年 3月24日(日)01時04分42秒
返信・引用
  > No.5693[元記事へ]

遅読猫さんへのお返事です。

今回の議論については、私のネタ振りから始まったこともあるので、
的外れかもしれませんが、コメントさせてください。

φさんからの回答などに関して、遅読猫さんのやり取りが、
全く取り付く島もなく、完全否定のように見えてしまいます。

少なくとも、私、国語さん、
スターダストさんの3名はそれぞれの違いはもちろんありますが、
φさんから説明してもらったことに対して、
ある程度の理解や共感はできているように思います。

もちろん一言一句余さず理解できているとは限らないし、
異論がある部分もあると思います。
また、前回、話題に挙げさせてもらったように「文脈」
としての理解もあると思います。

このコミュニティ上ではφさんを含めた4名で
少なくともある程度は成り立っていたコミュニケーションが、
遅読猫さんには全くかみ合わないように感じました。
また、私も国語さん同様に、
どうしても遅読猫さんの文章からは必要以上の攻撃性を感じてしまいます…

ここまで完全にかみ合わないのは、
議論の「前提」が全く異なるのでないのかとも感じます。
それぞれの理論、用語の定義の不一致だけではなく、
このコミュニティに対する考え方も含めて。
前提が異なるもの通しの議論は、経験上、
なかなか同意や共感というところには落ち着かないように思います。

ここはφさんのコミュニティで、
私の場合は、φさんからのご意見で、
「そういう風な考え方もあるのか!」と常々、感心している立場ですので、
ホストであるφさんに対して過剰に攻撃的と思う発言のやり取りが延々と続くのは、
一メンバーとしては、読んでいてすごく残念さや悲しさが
どうしても感じてしまいます。
(特に今回は、私のネタ振りが起点になっていますので…)

このコメントが完全に的外れの場合や、
遅読猫さんや他のメンバーへの気分を害していれば申し訳ありません。
私の現時点の考えを述べさせていただきました。
※レスポンス等は無理に頂かなく、
 的外れの可能性もありますので、スルーしていただいて大丈夫です。
 

(無題)

 投稿者:遅読猫  投稿日:2019年 3月23日(土)23時06分28秒
返信・引用
  国語さんへ

まず、不快思いをさせたのなら申し訳ありません。
それで、
私がこの掲示板に来るようになった経緯は御存知のようですが、
先に吹っかけてきたのは三浦さんですので。
で、
一度は「来るな」と言われて、来ていなかったですが、
今回三浦さんが自分はいいかげんなことを言っている癖に、
他人はボロかすに馬鹿にしているのを見かけて
思わず首を突っ込んでしましました。

これ↓

>数学の計算と数学の問題を混同しないように。
>実生活で数学の計算を道具として使わざるをえない問題のほとんどは、数学以外の問題です。建築の問題、商業の問題>、物理学の問題・・・(逆に、計算を使わない数学の問題ももちろんあります)
>サッカーくじの問題は、日常生活で自然に生起した「開いた問題」であり、システム不具合があったかどうかを実際に>突き止める実践課題です。計算を使う社会問題と言うべきでしょう。
>だからこそ、NHKの呼びかけにどういう応答があったか、を知る必要もあるのですよ。リアリスティックな正解を知>るために。

>そんな必要性を引きずっているようでは、数学の問題とは言えませんね。
>数学の問題は規約的に閉じている必要があります。
>開いた社会問題の計算部分を、改めて人為的な「閉じた問題」すなわち数学の問題に置き直して、学校の試験や入試に>使うことはできます。その場合は、「始めから結果に注目していた設定」にするでしょうね。つまり、「シンクロニシテ>ィが発生するかどうかの枠組み」として、閉じた抽象的な舞台が設定されるはずです。
>設定を閉じなければ、数学の問題として不備ということになります。

国語さんにはピンと来ないかもしれませんが、
こういうことをそんな資格もない人間に上から目線で言われるのは
確かに大学の教授のように華やかではありませんが地道に理系の仕事をして生きている人間にとって、最大の侮辱です。
私にも、端くれとはいえ、理系のプライドがありますので。
「憂さ晴らし」ではありません。
 

もう時間がないんだよ

 投稿者:国語  投稿日:2019年 3月23日(土)20時13分30秒
返信・引用
  遅読猫さん
ちょっと言葉が足りないかな、って思ったのではっきり書いちゃうね。
もう、時間がないんだよ。
そんな時に、せっかく「日本語ができる」仲間で、「誰でも来ていいよ」っていう掲示板を作ってくれてる知識人階層の人と喧嘩して意味あるの、ってはなし。

単に遅読猫さんの「憂さ晴らし」にしか私には見えない。申し訳ないけど。

で、もし遅読猫さんがφ先生の立場で「憂さ晴らし」に来る人ばっかりになったらこの掲示板、どうしますか?

私だったら「利益がないから損切りしようバカくさい」と思って閉じますよ。

そう思いませんか?

私が申しあげたいのは、もう「日本語が通じるもの同士喧嘩している時間はない」って事。

喧嘩のためとはっきり表明されるのであれば、遅読猫さんはその瞬間から残念ながら「庭を荒らす暴徒」です。

Tedさんの書き込みに対するに対する態度もひどいと思いました。
ぜひ読み直してみてください。

考え直してくれることを願って。

「ひとりで幸せ」じゃないひとに「自由(フリーダム)」はないのですよ。「自由(リバティ)」は特権階級だけのもので、私も持っていないです。で、全ての人が持てた時代は人類の歴史にはないですし、今後もないと予想しています。
少なくとも私はそのように思います。

私は、せっかく知り合った(たとえ嘘でも)「遅読猫」という方を決して見損ないたくないです。

以上です。
それでは。
 

Re: (無題)

 投稿者:国語  投稿日:2019年 3月23日(土)18時47分44秒
返信・引用
  > No.5690[元記事へ]

遅読猫さんへのお返事です。

> ※国語さんへ
> 怒られちゃったじゃないですかっ!(:`Д´)、
> って
> 冗談です、申し訳ありませんでした。

いやいや、こちらこそすみませんでした。
私は太字は便利だと思いますけどね。
それに「怖いなあ」ってのは、「戦国時代的な感受性」のことで、太字ではなく

>
> 私は
> 簡単な「数学の計算」もできない(「できないんじゃない!やらないだけだ!」って?)くせに、「高確率に成り得ます」とテキト~かまして、それが間違いだと分かると、(なんらの謝罪もなしに)こんどは屁理屈を捏ねまわす理系メッキの文系人に、
> 「数学の問題」とはなにか、
> を諭されるほど落ちぶれてはいませんので。

ここですね。
つまり、ここはφ先生の掲示板であるのに「喧嘩売りに来ていますよφ先生を負かすことが目的だよ」って。

これはね、「怖い」です。

で、おばちゃんになって言うと
「あのさあ、喫茶店に行かなくてもいいからお茶でも一緒に飲みながらきれいな音楽でも聞かない?ネット上に気に入らない人がいたって、世の中気に入らない人だらけなのにそんなのいちいちかかずりあってたら時間がいくらあっても足りないじゃない。せっかく忙しい仕事の切れ間に家族と楽しい時間を過ごそうとは思ってくれないの?私たちはあなたがそんなことに一所懸命にになればなるほどなんだかつまらないよ。そのことに気づいてる?今2分後に地球が終わるかもしれないときあなたはあったこともないあなたが『ばかのくせに』って思ったどこかの知らない人をやっつけるのに夢中で私たちの顔も見ないってわけ?なんだか何のために家族なんだろうね。あなたが数学ができることは私たちがよく知っているし、そのスペックでみんなごはんを食べているわけだから、それで十分じゃないの。そのどこかの誰かさんにそんなにも執着するのはなぜ?自分より得をしている人が許せないの?そんなこと言ったら、私たちも突然私たちより恵まれていない人に攻め込まれて当然ってわけ?そんなのは嫌だな…。だから、こっちを向いてこの紅茶でも飲まない?それか、週末出かける計画でも立てない?」
…って感じでしょうか。

そういう自分も、家族に怒られてんの。「ネット依存だ」って。
だから、一緒に村に戻ろう。
ばかばかしいよ。

別の村だけど、もしかしたら隣の住人かもしれないし。
帰ろう。私ももう来ないから。
ここは楽しいけど、『ピノキオ』のロバの村みたいにこのままじゃ「ロバになっちゃう」

おーい、φ先生!!

怖いなー。「遅読猫さんの投稿は国語から見て怖い」でーす!!

さて、どうなるかな。
削除されたら「国語が戦犯」だからね!

…じゃあ、遅読猫さん、元気で。家族を大切にね。
自分も書いてないだけでいろいろあったんだ(詳しくは書けないけど、夫が詐欺にあっちゃったの。でも、そもそも私に騙されるような物件だから人がいいんだよな、しょうがないや、って切り替えた!)。けど、夫が優しい、ってだけで結構「幸せだな」って無料で思えるもんですよ。お互い村のためにもっと働こうよ。ごみを誰にも見られないようにこ~っそりひとつ拾ったりするだけでいいんだよ。
力を、そっち方面に使おう。そのほうがいいよ。そう思わない?騙されたと思ってそう思ってみない?悪くない結果になると思いますよ。確率はわかんないけど。じゃ。

さよなら・さかなを・ありがとう!

 

(無題)

 投稿者:遅読猫  投稿日:2019年 3月23日(土)15時16分57秒
返信・引用
  三浦さんへ

>「庭を荒らす暴徒」「怖い人だなあ」
>と映る書き込みをした場合、迷惑投稿として消去します。

それは失礼しました。申し訳ありません。
(しかし、太文字つかって「怖い人」と思われたのは初めてです)

※国語さんへ
怒られちゃったじゃないですかっ!(:`Д´)、
って
冗談です、申し訳ありませんでした。

>>> 数学の問題では、「ある人がサイコロを3つ振ってどうなるかに注目した」と、注目すべき事象の種類(人物など)があらかじめ特定される設定ですから、種類が自由というわけにはいきません。

>>「確率」は「数学」の問題です。
>>あなたは「数学」の「計算」をしているのではないのですね?

>数学の計算と数学の問題を混同しないように。
>実生活で数学の計算を道具として使わざるをえない問題のほとんどは、数学以外の問題です。建築の問題、商業の問題>、物理学の問題・・・(逆に、計算を使わない数学の問題ももちろんあります)
>サッカーくじの問題は、日常生活で自然に生起した「開いた問題」であり、システム不具合があったかどうかを実際に>突き止める実践課題です。計算を使う社会問題と言うべきでしょう。
>だからこそ、NHKの呼びかけにどういう応答があったか、を知る必要もあるのですよ。リアリスティックな正解を知>るために。
>そんな必要性を引きずっているようでは、数学の問題とは言えませんね。
>数学の問題は規約的に閉じている必要があります。
>開いた社会問題の計算部分を、改めて人為的な「閉じた問題」すなわち数学の問題に置き直して、学校の試験や入試に>使うことはできます。その場合は、「始めから結果に注目していた設定」にするでしょうね。つまり、「シンクロニシテ>ィが発生するかどうかの枠組み」として、閉じた抽象的な舞台が設定されるはずです。
>設定を閉じなければ、数学の問題として不備ということになります。

三浦さん、これは冗談じゃないです。

あんまり自分の事、とくに仕事の事は言いたくなかったのですが、
私は日々(その範囲は狭いですが)「数学の問題」を解いて("教えて"ではありません)家族を養っています。
私の、"実世界で起きた"データの解析・計算・シミュレーションの結果を元に製品が作られてそれらが社会に出て(いまのところは)ちゃんと機能しています。
私はフリーですので、いま働かせていただいている職場では3ヶ月毎に契約更新の審査があり、もし結果を出せなかったり、結果が間違っていたりしたら、即契約打ち切りです。
自分で言うのもなんですが、この状況をもう二十年以上乗り切ってある程度の評価は得ています(実は1度だけ契約を切られたのですが、2ヶ月後に先方から再契約の話を頂きました)。
ですから、
私は
簡単な「数学の計算」もできない(「できないんじゃない!やらないだけだ!」って?)くせに、「高確率に成り得ます」とテキト~かまして、それが間違いだと分かると、(なんらの謝罪もなしに)こんどは屁理屈を捏ねまわす理系メッキの文系人に、
「数学の問題」とはなにか、
を諭されるほど落ちぶれてはいませんので。

で、
確かに「内容的には極素朴な」質問だったのですが、まったくその「内容」を理解して頂いてないですね。
じゃ、中学生でもわかるように噛み砕いてあげますね。
先のような無駄な労力を使っていただくのは忍びないので、
「はい」/「いいえ」で答えるだけでいいですよ(以降も同様)。

1.あなたの計算
lim[y→0](1-(1-y)^1/y)= 0.6
は、確率yの事象が1/y回の試行で一度でも起こる「確率」を算定しているのですか?
「はい」/「いいえ」

2.「確率の算定」は「数学の問題」ですか?
「はい」/「いいえ」

3.「数学の問題」では、「ある人がサイコロを3つ振ってどうなるかに注目した」と、
注目すべき事象の種類があらかじめ特定される設定ですから、種類が自由というわけにはいきません。
「はい」/「いいえ」


> > もし、今回の報告がなされる前に、つまり「事前に」、日本のどこかに、そんな「問題設定」してた人がいたとしたら?
> > その人(X氏とします)には、
> 「5口の一致は驚くべきこと」で、その人"だけ"は「不具合」を「疑って」当然ってことですね。
> > 一方、
> > X氏以外のそんな「問題設定」をして"いなかった"人たちには、
> > 「5口の一致は驚くべきこと」では"なく"、
> > 「不具合を疑ったら」それは「短絡的」で、「弱い心」の持ち主ってことですね

> もちろんそのとおり。
> 確率というのは実生活では常に条件付確率です。
> 各人の知識によって別々に条件づけられ、よって正しい値が人ごとに異なります。
> 視点によって、「推測すべき合理的な確率」が異なるのは当然なのです。
> モンティホールジレンマでも、司会者が選んだと思っている人と、扉が自然に空いてしまったと思っている人とでは、「合理的な正解」が異なりますね。両者が同じ確率を答えたら――たとえば「交換が得」と答えたら――後者は(たとえ結果として正しくても)「不正解」ということになります。信念に照らすと後者の答えは計算過程が間違っているはず> なので。

これこそ「予想」どおりで、噴き出してしまいました。

> モンティホールジレンマでも、司会者が選んだと思っている人と、扉が自然に空いてしまったと思っている人とでは

モンティホール問題の場合、保持している情報がちがいますからね。
X氏とX氏以外はまったく同一の情報;「2つの5口が一致した」のみを保持しています。

>> 私なら、百円玉を百回投げて、百回表が出たら「驚くべきこと」だと思いますが。
>> 一方、
>> 友人がいきなり「百円玉を百回投げて、百回表が出た」と「後出しで」報告して、証拠(無編集の録画とか)を見せたら
>> それも「驚くべきこと」だと思いますがね。

> 今そこで遅読猫さんが簡単に思いつくような例だからですよ。
> つまり、そうやって事前に設定できるほどの「良いパターン例」だからです。そういうパターンに一致したら、偶然の一致では済まされません。
> とくにコインというのは、サイコロと並んで、確率の問題に多用される慣習的アイテムであり、実際に投げる試行がどこで行われようが、事前に「問題設定」がなされています。
> 投げようとしている段階で、すでに結果への注目が開始されているわけです。
> 対して、くじの数の並びなどというものは、それ自体が意味を付与されているとは言えず(試合結果と一致するかどうかだけが問題)、ましてや当選したわけでもない恣意的な部分同士の一致などというものは注目意図の範囲外。注目は常に後出しです。

で?
事前に「問題設定」していないあなたに
友人がいきなり「百円玉を百回投げて、百回表が出た」と「後出しで」報告して、証拠(無編集の録画とか)を見せたら
「驚くべきこと」だと思いますか?
「はい」:「驚くべきこと」だと思います
「いいえ」:「驚くべきこと」だと思いません。「驚く」のは弱い心の持ち主です。

> まだ理解されていないようなのでもう一度言いましょう。
> 有限確率いくらの出来事に注目しようとも(事後に注目するのだから確率ゼロではない)、その逆数は有限数であり、無限大に比べれば〈無限に小さな値〉です。
> いいですか、無限に小さいのです。無限"程度"などという有限数はありません。

はぁ、そうですか。
勉強になりました。

>> 「Aでは、xとyは相関するという制約があります」
>> それはなぜ?
>> 「出来事の膨大さ」xを有限にとどめれば、
>> なぜ、確率と回数が互いの逆数として相関すんの?
>> 「試行回数」1/y が増えるにつれ「確率」yが小さくなんの?

>  なぜ、って、思考実験の視点設定ですが(前回、説明済みのはずですが)、
>  適当な従属変数で視界を調整、わかりづらいですか?
> では説明の仕方を変えます。(式は再掲)
> ∀y(lim[x→∞](1-(1-y)^x)=1)
>  したがって、
>  ∀y∃x(1-(1-y)^x ~1)
>  とくに、x=1/yのとき
>  すなわち、確率yの事象を可能性として含む試行が1/y回程度起きている場合、
> lim[y→0](1-(1-y)^1/y)=(e-1)/e

1-(1-y)^x
>
>  「起きている場合」という表現に注意。母集団を調整するため、~~が成り立ちそうな出来事数(実際には期間)を区切って見ると、という意味です。
>  「1/y回程度起きている場合」というのは、「実際に確率yのシンクロが起こる程度の時間幅を適当にとるならば」という意味です。
> たとえば、y=1/2であれば(たとえば夫婦に二人めの子どもが生まれ、2人とも男の子)、二組の夫婦に注目するだけで足ります。時間も、出産が2回起こればよいので、一国と言わず町内でも一瞬で済みますね(今回の問題に合わせれば種類を「出産」に限らなくてよいので、まさにほんの一瞬で十分)。
>  y=1/1万くらいだと、1万回の観測可能な試行が確保できなければならないので、3~4時間くらいは待つべきか。(この程度の確率では普通シンクロニシティとは認識されないだろうが)
>  y=1/100億なら、1ヶ月くらい?(名刺交換したら互いの電話番号が正確に逆向きだった、程度のシンクロ)
>  出来事の数(照合可能な組合せ)は時間とともに指数関数的に増大しますから、yの値に時間を反比例させる必要はありません。観察すべき時間幅をもっとずっとゆっくり増やしても十分でしょう。
>  つまるところ、x=1/yとしているのは、
> 「確率が小さいシンクロニシティに出遭うには、確率の大きいシンクロニシティに出遭うよりも、長い時間待つ必要がありますね」
> という常識的了解をモデル化したものとお考えください。
>  y=1/25溝だと、25溝回の観察可能事象が必要ですが、そのくらいであれば、遅読猫の半生程度で十分でしょう。

って、
"なに"に対して「十分」なの?
確率 0.6 ?
で、
(今回の問題に合わせれば種類を「出産」に限らなくてよいので)は25溝歩譲るとして、
私には
「出来事の膨大さ」xを有限にとどめる場合"だけ"、
あなたが「思考実験の視点設定」とやらで"勝手に"確率と試行回数を相関させて、
「0.6」を得ているようにしか見えませんが。
なぜ
期間を特定しなければ、「yの値と独立に、xを無制限に大きくしてよいです」と許可して、
期間を特定すれば、「xとyは相関するという制約」をかけるんでしょうか?
それに、0.6 って、1/y が無限に発散した場合の値ですよね。
期間を特定した場合に試行回数を無限に発散させてどうするんです?

> たとえば、y=1/2であれば(たとえば夫婦に二人めの子どもが生まれ、2人とも男の子)、二組の夫婦に注目するだけで足ります。時間も、出産が2回起こればよいので、一国と言わず町内でも一瞬で済みますね(今回の問題に合わせれば種類を「出産」に限らなくてよいので、まさにほんの一瞬で十分)。

では、
日本国内の現在子供は男の子ひとりの夫婦全てを対象にした場合、
これから24時間で「二人めの子どもが生まれて男の子2人になる」という「シンクロニシティ」が1件でも起こる確率は?
現在一日の出生数は約2500人。
で、この内、1/10、250組の夫婦に既に男の子ひとりがいると仮定します。
すると
当該「シンクロニシティ」が1件でも起こる確率は
1-(1-0.5)^250 = 1.000…(小数点以下30桁以上0です)
あれ?
0.6 じゃないんですっけ?
しかも、「今回の問題に合わせて種類を「出産」に限らなくてよいのであれば」もっと 1 に近づきますね…。

> y=1/25溝だと、25溝回の観察可能事象が必要ですが、そのくらいであれば、遅読猫の半生程度で十分でしょう。
> ちなみに、
> サルが『戦争と平和』全文を打ったというのは、(円周率に続き2度目でなくても、一回目で)ヤラセと断定できます。その一致は1/25溝をはるかにはるかに上回る低確率だからです。

あなたの「計算なし」の推定・断定は全くあてにならないことは証明済みです。
で、
またまた無視されたので。
これで3回目。

太陽系が誕生してから、太陽が燃え尽きるまでの期間に
2つの2口が一致する確率は
0.6 ですか?
[はい]  /  [いいえ]:0.X です。式はXXXです。

三浦キョ~ジュが生きている期間に
2つの5口が一致する確率は
0.6 ですか?
[はい] / [いいえ] :0.X です。式はXXXです。

三浦俊彦が野原で排便している期間に
2つの50口が一致する確率は
0.6 ですか?
[はい] / [いいえ] :0.X です。式はXXXです。

その便に引かれて飛んできた蠅の羽が上から下に降ろされる期間に
2つの100口が一致する確率は
0.6 ですか?
[はい] / [いいえ] :0.X です。式はXXXです
 

Re: 論理ゲーム

 投稿者:国語  投稿日:2019年 3月23日(土)07時16分26秒
返信・引用
  > No.5687[元記事へ]

Tedさんへのお返事です。

> 少し面白いゲームがありました。
> https://automaton-media.com/articles/impressionjp/20190319-87653/
> ゲームルールを意図的に変えて、ゲームをクリアしていく的なゲームのようです。
> そこそこ好評のようです。
>

Tedさん!面白い、これ。
「チート思考」という言葉を知れただけでも感謝。

私は「チート思考」でほぼできてるんじゃないかな。
近田春夫さんも数学できなかったけどIQ高いから屁理屈めちゃくちゃ得意って言ってたもんね。

本当は遅読猫さんみたいに「プログラミング」とものすごく相性がいい人間だろうな、とは思うんだけど、なんとなく「嵌まりやすい」性格だから「現実生活」ができなくなりそうで怖いんだよね。

Tedさんだって国語のおばちゃんのなかでははもうすごい「知り合い」の若者、みたいな気になってるけど、それ「嘘」だもんね。

困ったもんだなあ。

こりゃ小さいお子さんは目光らせとかないと本当に大変だな。

それでは、いろいろありがとうございました。
今度こそ本当に村に戻る。

遅読猫さんも、ありがとう。
今どきのネットの雰囲気と濃さが違う「失礼表現」があったら「田舎者が礼儀も知らんと!」と嘲笑してご容赦ください。
遅読猫さんのことは映画を見るたびにきっときっと思い出します。
感謝。
 

Re: 論理ゲーム

 投稿者:φ  投稿日:2019年 3月23日(土)04時29分0秒
返信・引用
  > No.5687[元記事へ]

Tedさんへのお返事です。

>
> ゲームルールを意図的に変えて、ゲームをクリアしていく的なゲームのようです。
>

なるほど・・・・・・。
やれば面白そうな気はしますが、「やろう」という気になかなかなれないというか・・・

 将棋で、何手めかごとに駒の一部を入れ替えてよいとか、一部を逆向きにしてよいとか、
 そんなのと同じ感覚ですかね。
 ちょっと違うか。

 クリアする感覚が病みつきになりそうだが、病みつきになりたくはないなあ。
 定跡を作り出す研究の甲斐はありそうですね。
 

論理ゲーム

 投稿者:Ted  投稿日:2019年 3月22日(金)19時20分19秒
返信・引用
  少し面白いゲームがありました。
https://automaton-media.com/articles/impressionjp/20190319-87653/
ゲームルールを意図的に変えて、ゲームをクリアしていく的なゲームのようです。
そこそこ好評のようです。
 

シンクロニシティと遅読

 投稿者:国語  投稿日:2019年 3月22日(金)18時28分22秒
返信・引用
  おーい!遅読猫さん!見てるか?
今しがた、中古屋の棚で「今『銀河ヒッチハイク・ガイド』売ってたら買う」って決めて洋画の「カ」の棚見たらあったから速攻買ってきたぞ!600円だった。
こーゆーのが、「シンクロニシティ」に近いものだね。
もし、遅読猫さんにも何かが起きていて「それに気が付いたら」シンクロニシティだぞ。

あと、遅読と言って思い出すのが中勘助の『銀の匙』だ。
この本だけをずーっと教材にしていたおじいさんの国語の先生が数年前話題になったな。おじいさんだったから間なしに亡くなってしまったがな。

中勘助も高身長超絶イケメン作家だ。
このくらい容姿がいいと女が寄ってきて大変。
そういう人が書いた『犬』は強烈な恋愛批判小説(と言っていいだろう)。不釣り合いな異性への執着がどれほど醜いかいやというほど書いてあるぞ。
逆に「外見が釣り合っている」ことがどんなに大切かもよくよく教えてくれる稀有な作品だ。
たぶん、中勘助はブスに取り囲まれて相当嫌な思いしまくったんじゃないか?
自分は「客観性」はないようで己の容姿はきっちり値踏み済みだから中勘助には近寄らないね。
だから、どんなに嫌だったろう、ってよくわかるのだ。

知り合いの息子さんで高校時代に「ブス被害」で「女性恐怖症になった」子がいて気の毒。

男女ともに鏡を見ないのは本当に怖い。

…あ、とりとめなくなってしまいました。

どんな本が「遅読」に耐えるのかぜひ教えてほしい、です。

それでは。

 

訂正

 投稿者:φ  投稿日:2019年 3月22日(金)04時46分33秒
返信・引用
  一ヶ所、間違いに気づきました。単なる例ですが
以下の部分

たとえば、y=1/2であれば(たとえばある夫婦に二人子どもが生まれ、2人とも男の子)、二組の夫婦に注目するだけで足ります。時間も、出産が4回起こればよいので、一国と言わず町内でも一瞬で済みますね(今回の問題に合わせれば種類を「出産」に限らなくてよいので、まさにほんの一瞬で十分)。

 正しくは

たとえば、y=1/2であれば(たとえば夫婦に二人めの子どもが生まれ、2人とも男の子)、二組の夫婦に注目するだけで足ります。時間も、出産が2回起こればよいので、……

 以上のように訂正します。
(状況は同じですが、二組とも2人目出産だけに着目した書き方にするのがy=1/2設定としてふさわしいので。)
 

Re: (無題)

 投稿者:φ  投稿日:2019年 3月22日(金)04時08分5秒
返信・引用
  > No.5678[元記事へ]

遅読猫さんへのお返事です。

 始めに言っておきますが、
 今後、むやみに太字にしたら、あるいは表現面で、他の閲覧者の目に
>
>「庭を荒らす暴徒」「怖い人だなあ」
>
と映る書き込みをした場合、迷惑投稿として消去します。
 内容ゆえに消去することはありません。

さて、
内容的には極素朴な(予想内すぎる)御記述ばかりで正直張り合いがなくいささか残念でしたが、ともあれ一々お答えしましょう。

>
> 「確率」は「数学」の問題です。
>あなたは「数学」の「計算」をしているのではないのですね?
>

 数学の計算と数学の問題を混同しないように。
 実生活で数学の計算を道具として使わざるをえない問題のほとんどは、数学以外の問題です。建築の問題、商業の問題、物理学の問題・・・(逆に、計算を使わない数学の問題ももちろんあります)
 サッカーくじの問題は、日常生活で自然に生起した「開いた問題」であり、システム不具合があったかどうかを実際に突き止める実践課題です。計算を使う社会問題と言うべきでしょう。
 だからこそ、NHKの呼びかけにどういう応答があったか、を知る必要もあるのですよ。リアリスティックな正解を知るために。
 そんな必要性を引きずっているようでは、数学の問題とは言えませんね。
 数学の問題は規約的に閉じている必要があります。
 開いた社会問題の計算部分を、改めて人為的な「閉じた問題」すなわち数学の問題に置き直して、学校の試験や入試に使うことはできます。その場合は、「始めから結果に注目していた設定」にするでしょうね。つまり、「シンクロニシティが発生するかどうかの枠組み」として、閉じた抽象的な舞台が設定されるはずです。
 設定を閉じなければ、数学の問題として不備ということになります。

>
> もし、今回の報告がなされる前に、つまり「事前に」、日本のどこかに、そんな「問題設定」してた人がいたとしたら?
> その人(X氏とします)には、
> 「5口の一致は驚くべきこと」で、その人"だけ"は「不具合」を「疑って」当然ってことですね。
> 一方、
> X氏以外のそんな「問題設定」をして"いなかった"人たちには、
> 「5口の一致は驚くべきこと」では"なく"、
> 「不具合を疑ったら」それは「短絡的」で、「弱い心」の持ち主ってことですね
>

 もちろんそのとおり。
 確率というのは実生活では常に条件付確率です。
 各人の知識によって別々に条件づけられ、よって正しい値が人ごとに異なります。
 視点によって、「推測すべき合理的な確率」が異なるのは当然なのです。
 モンティホールジレンマでも、司会者が選んだと思っている人と、扉が自然に空いてしまったと思っている人とでは、「合理的な正解」が異なりますね。両者が同じ確率を答えたら――たとえば「交換が得」と答えたら――後者は(たとえ結果として正しくても)「不正解」ということになります。信念に照らすと後者の答えは計算過程が間違っているはずなので。

>
> 私なら、百円玉を百回投げて、百回表が出たら「驚くべきこと」だと思いますが。
> 一方、
> 友人がいきなり「百円玉を百回投げて、百回表が出た」と「後出しで」報告して、証拠(無編集の録画とか)を見せたら
> それも「驚くべきこと」だと思いますがね。
>

 今そこで遅読猫さんが簡単に思いつくような例だからですよ。
 つまり、そうやって事前に設定できるほどの「良いパターン例」だからです。そういうパターンに一致したら、偶然の一致では済まされません。
 とくにコインというのは、サイコロと並んで、確率の問題に多用される慣習的アイテムであり、実際に投げる試行がどこで行われようが、事前に「問題設定」がなされています。
 投げようとしている段階で、すでに結果への注目が開始されているわけです。
 対して、くじの数の並びなどというものは、それ自体が意味を付与されているとは言えず(試合結果と一致するかどうかだけが問題)、ましてや当選したわけでもない恣意的な部分同士の一致などというものは注目意図の範囲外。注目は常に後出しです。(一度、今回のようなことが話題になれば、その後は注目の的になるでしょうけどね。まあ数年もすれば忘れられるでしょうが)

>
> 「全然違いますよ」って…あの…よく読んでください。
>  「∞(無限)回"程度"」って書いてますが。
>

 はぁ、そうですか(「"程度"」って……吹き出しちゃいました、スイマセン)
 というかガックリ。なんでこのレベルの話を「議論」風にせねばならんのか・・・
 「無限回程度」などという回数はこの世にありません。残念ながら。
 無限回程度などと無意味な概念に囚われたがゆえに、
>
> いったい、どっちなの?
> (e-1)/e?、
> それとも、
> 1?
>
という混乱に悩んだのでしたよね?
 まだ理解されていないようなのでもう一度言いましょう。
 有限確率いくらの出来事に注目しようとも(事後に注目するのだから確率ゼロではない)、その逆数は有限数であり、無限大に比べれば〈無限に小さな値〉です。
 いいですか、無限に小さいのです。無限"程度"などという有限数はありません。

>
> 「Aでは、xとyは相関するという制約があります」
> それはなぜ?
> 「出来事の膨大さ」xを有限にとどめれば、
> なぜ、確率と回数が互いの逆数として相関すんの?
> 「試行回数」1/y が増えるにつれ「確率」yが小さくなんの?
> あなたが勝手に「制約」してるんでしょ?
>

 なぜ、って、思考実験の視点設定ですが(前回、説明済みのはずですが)、
 適当な従属変数で視界を調整、わかりづらいですか?
 では説明の仕方を変えます。(式は再掲)

∀y(lim[x→∞](1-(1-y)^x)=1)
 したがって、
 ∀y∃x(1-(1-y)^x ~1)
 とくに、x=1/yのとき
 すなわち、確率yの事象を可能性として含む試行が1/y回程度起きている場合、
lim[y→0](1-(1-y)^1/y)=(e-1)/e

 「起きている場合」という表現に注意。母集団を調整するため、~~が成り立ちそうな出来事数(実際には期間)を区切って見ると、という意味です。
 「1/y回程度起きている場合」というのは、「実際に確率yのシンクロが起こる程度の時間幅を適当にとるならば」という意味です。
 たとえば、y=1/2であれば(たとえばある夫婦に二人子どもが生まれ、2人とも男の子)、二組の夫婦に注目するだけで足ります。時間も、出産が4回起こればよいので、一国と言わず町内でも一瞬で済みますね(今回の問題に合わせれば種類を「出産」に限らなくてよいので、まさにほんの一瞬で十分)。
 y=1/1万くらいだと、1万回の観測可能な試行が確保できなければならないので、3~4時間くらいは待つべきか。(この程度の確率では普通シンクロニシティとは認識されないだろうが)
 y=1/100億なら、1ヶ月くらい?(名刺交換したら互いの電話番号が正確に逆向きだった、程度のシンクロ)
 出来事の数(照合可能な組合せ)は時間とともに指数関数的に増大しますから、yの値に時間を反比例させる必要はありません。観察すべき時間幅をもっとずっとゆっくり増やしても十分でしょう。
 つまるところ、x=1/yとしているのは、
「確率が小さいシンクロニシティに出遭うには、確率の大きいシンクロニシティに出遭うよりも、長い時間待つ必要がありますね」
という常識的了解をモデル化したものとお考えください。
 y=1/25溝だと、25溝回の観察可能事象が必要ですが、そのくらいであれば、遅読猫の半生程度で十分でしょう。

 ちなみに、
 サルが『戦争と平和』全文を打ったというのは、(円周率に続き2度目でなくても、一回目で)ヤラセと断定できます。その一致は1/25溝をはるかにはるかに上回る低確率だからです。(もう一つの理由は前回述べたようにタイプ打ちの社会的意味付けによる)
 つまり、x=1/yという設定が非現実的となります。
 x=1/yは、1/25溝程度の、意味的にもつまらない一致(シンクロニシティの候補をかなり広げないと入ってこない程度の、意味のうすい一致)だったからこそ出す気になった想定です。

 戦争と平和ザルを偶然に実現させるxを得るのは、宇宙の寿命では無理でしょう。したがって、(量子自殺のような観測選択効果が関わっていないという条件下で)戦争と平和ザルが観測されたら、ただちに「ヤラセ、あるいは不具合」と考えてよいわけです。
 むろん、一宇宙においても、サルが永久にランダムに打ち続けられるなら(上限なく試行が増えるなら)『戦争と平和』も『涼宮ハルヒの憂鬱』も『リング』も確率1で生成されますけれどね。

>
> 太陽系が誕生してから、太陽が燃え尽きるまでの期間に
> 2つの2口が一致する確率は
> 0.6 ですか?
>

あの程度の薄い意味しか持たない(シンクロ度の低い)1/25溝であれば、数十年あれば0.6以上の確率で実現します。たった2口の一致だったら何十回も起こるでしょう。
このフェルミ推定の参考として、
「2006年に販売を開始してから2013年末までの8年間で、1等6億円当せんはなんと225本!今年に入ってからもすでに10本以上の1等当せんが出るなど、次々に幸運が舞い降りています」
https://www.toto-dream.com/big/column/fortune/3900.html
 ↑1口どうしが一致することが毎年30回ほど起きているというのと同じ。
(6億円はキャリーオーバーの場合なので、普通の1等である3億円を合わせるともっと多いのか? そこ不明)
 ともあれ5口どうしの一致確率はその5乗ですが、他方、前回書いたように、NHKや日経ビジネスの記事の成り立ちが「他ならぬこのくじ」という事前特定ナシで成立していますから、
他のくじや、口座番号や聖書や円周率や結婚記念日や頭文字や地震波パターンやハッブル望遠鏡が観測した星々のデータや昨日見た夢などを組み合わせたすべての「1/25溝程度の意味ありげな一致の可能性」から一つでもヒットすればよいことになります。
 50年もあれば楽勝でしょうね。
 

ダグラス・アダムスと孔子

 投稿者:国語  投稿日:2019年 3月21日(木)20時14分23秒
返信・引用
  遅読猫さん、ご参考まで。
ダグラス・アダムスは身長が196センチあったそうですね。
実は、私は「作者と身長」にもものすごく興味を持っています。
嵐山光三郎などは、男性作家論は本人の身長がわかっていないと本質的にはできない…くらいのことを言っていましたね。
実は、孔子も大変な大男だったと言われています。
日本だと大塩平八郎、二宮尊徳あたりも大男。
ハンス・クリスチャン・アンデルセンなんても大男なのです(デンマークにはごろごろいるのかも、ですが)。
日本人作家ではっきり高身長とわかっている故人は景山民夫くらいですか?
ダグラス・アダムスは「大男のした仕事」のファイルに入れて考察対象とさせていただきます。
(私にとっては大変に)貴重な情報、ありがとうございました。
では。
 

Re: (無題)

 投稿者:国語  投稿日:2019年 3月21日(木)16時15分53秒
返信・引用
  > No.5679[元記事へ]

遅読猫さんへのお返事です。

> 国語さんへ
おや。
おへんじありがとうございます!
>
> > 私も「アリス」はあのイラストでないと嫌なんですよね。
>
> そうですよね!
> もしジョン・テニエル氏の挿絵でなかったら、
> 「アリス」がこれほど国や時代を越えて読まれることはなかったはずです。
> しっかし、テニエル氏、グリュフォンが後足立ちで踊ってるところとか、うますぎ!

そうすると、遅読猫さんは絵画もお好きですね。
わたしもものすごく好きなんですよ。
白黒のものがかなり好きで、エッシャーのだまし絵とか前々世紀末の挿絵なども大好きです。
>
> 『銀河ヒッチハイク・ガイド』も大好きです(どっちかといえば、小説より映画の方が好きかな)
早速見ましたよ!
これはすごい。知らないと人生損してた。ありがとうございます。
私の「憧れの女性」で実は中山忍様の上位に宮崎美子様がおられるのですがこの映画、大絶賛していらっしゃいました。さすがですね。

> でも、フィクションだからおもしろいんであって
実は、私、現実とフィクションの区別があまりついていないタイプです。
今こうして書いてますが「全部ボケて施設に入っているおばあさんの私が見ている夢じゃないかな」と、常に疑っています。で、幼少期「おねしょ」で苦労したたわけものですので「夢だから何してもいいや」とは決して思わない癖が染みついていまして(おねしょはたいてい夢でトイレにたどり着いて騙されるんですよ)行動にはものすごく慎重で石橋を常にがんがん叩いていたりします。

> 実際に「42」みたいなことをいう人をみるとドン引きしちゃいますね…>
そうしたら、「そういう人だな」って思って近寄らないですね。
君子危うきに近寄らず。
人間、嫌いな人には近寄らない習性があると思うのですが、いかがですか?

あと、「42」は私にとっては詳しくは書けませんがものすごい啓示だったのですよ。
だから、この作品を教えていただいて人生の謎が解けたくらいの気持ちです。
もしお茶会が実現したら興味があればお話ししてもよいです。

…そんなわけで、「遅読猫さんはこのことを私に教えてくれるためにここに来てくれたのかな」なんて思い始めていますが…違いますかね?

それでは。
 

Re: (無題)

 投稿者:国語  投稿日:2019年 3月21日(木)15時57分16秒
返信・引用
  > No.5680[元記事へ]

国語さんへのお返事です。

> 遅読猫さんへ


すみません。
遅読猫さんって「太字」にできてすごいなあ、と思っていたらなぜか命令が影響してしまったようで私の書き込みまで太字に…!
なんか「異様に強気」に見えてどうしよう、って感じですが…。

遅読猫さんは女性ですか?

もしそうだったら「φ先生の悪口を言う会」を3月うさぎみたいに実際にやる、というのもいいかもしれません。
(私もネタがなくはないので。)

男性だったらおじさんとしては友達になれると思うのでそういうブログをぜひ盛り上げていただければ遊びに伺います。

それでは。
 

Re: (無題)

 投稿者:国語  投稿日:2019年 3月21日(木)15時48分13秒
返信・引用
  > No.5678[元記事へ]

遅読猫さんへ
>
> これもちゃんと答えてください>
> これらも必ず答えてください

これは必ず答えてください。

…上記のようにこの場で「要求できる根拠」は何ですか?


それが答えられない場合は「遅読猫さんのブログに最初に書き込んだφさん」の正体が私にはなんとなくわかりますよ。

そうであるならば、これはここでQ.E.D.で、遅読猫さんは「利害関係」のために「他人の庭を荒らす暴徒」ということに残念ながらなるでしょうね。

遅読猫さんはパソコンができる。本も好き。映画も好き。
それは、何のためですか?

「知識は他人を殴るための棍棒」
という考えでしたら最初の約束を守ってもうここには入る資格がないと思います。

私は数学わからないので何とも言えませんが、社会的な地位のある方だって間違えることは当然ありますよ。
そうしたときに、「攻撃の材料」とされるのだったらなんてつまらないんでしょう。

遅読猫さんは何がしたいの?

マウンティング?

それで幸せですか?

もしそうなら、かわいそうだなあ、と思う。

あんなに面白い映画をご存知なのに、なんで命あるうちにせっかく知り合った誰かと「いいもの」を分かち合おうと思わないのですか?
あの映画の中だって「根暗」っていう性格がめちゃくちゃ役に立っていましたよね。

φ先生はメールアドレスを公開されているのですから「そっとお知らせする」こともできるし、この先生は掲示板ではちょっとあらあらと思うところもありますが実際は全くいじわる感ない珍しい方ですよ。

遅読猫さんはせっかくの知識を「人に喜ばれる」かたちで生かしたいと思わないのでしょうか。

「戦国時代的な感受性」だったらφ先生がお気の毒だし、私が「勘違い」して遅読猫さんもこの庭が好きなのかな、と思ってしまったことで「また暴れていいんだ」と思い込んでしまわれたのだったら一緒に退場しましょうよ。私が困るもの。
いかがですか?
φ先生はこの質問に遅読猫さんがお答えにならない場合はお返事しないでください。
これは、私の責任ですので、私からのお願いです。

遅読猫さん。人間は、間違えますよ。
私なんかしょっちゅう間違えています。
石を投げるみたいにせっかくの知識を使うのはやめましょう。
こんな風では「遅読猫さんって怖い人だなあ」って、自分が大損しちゃうよ。
「こんな怖い人が好きなものなんてろくでもないものかもしれない」って。

…まあ、こんな風に一所懸命書いていること自体が「間違い」かもしれないけど、私は遅読猫さんともっといい「交換」がしたいのです。
もし本当に遅読猫さんが「謎のφさんご本人」でないのなら、もうやめませんか。

私は哀しいです。



 

レンタル掲示板
/208