teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: 祝!ハルヒ新作!

 投稿者:φ  投稿日:2018年10月23日(火)21時47分24秒
返信・引用
  > No.5345[元記事へ]

Tedさんへのお返事です。

>
> 確かに。そうですね。客観的事実だけを外側から見たら、
> 指向なのか嗜好なのかは区別つかなさそうですね。
>

 Wikiの「性的指向」を見ると笑えます。「要出典」の下線だらけ。
 精神医学そのものが信頼に値しない学問ですから、出典が付されたところで改善の証しとは言えませんが。
>
> リバタリアニズム的に、どんな嗜好や指向でも差別しちゃだめですよね。
> 極端なことを言うと、ネクロフィリアとかも別に嗜好という意味では
> 差別はされなく、端的に、大部分(というか全部)の国の法律とかのルールで
> 禁じられているが故に悪というだけだとは思っています。
>

 ネクロフィリアのDVD持ってますが(病院の遺体安置施設での本物ドキュメンタリー。ちゃんとプレスパッケージされた正規品!)実行者は真剣に興奮してますからね。
 真面目である点では(そしてふざけたのも居る点では)、指向も嗜好も区別できません。前にも書きましたが、指向は単に「性対象に限定した場合の嗜好」にすぎませんね。
 ネクロフィリアは性指向に分類できるでしょう。
 いちおう犯罪ですが、判例では「死者の霊魂の安静を期するため一層礼意を厚くする趣旨において行われたもの」と解釈して無罪となることも多いようです。遺体と交わることが「この宗教では正規の葬送儀式なのだ」と定めれば、信仰の自由の方が優先されるのではないでしょうか。

>
> こういう視点だと、両方とも、
> 旧来の「男女」を破壊する概念ともとれますね。
>

 ジェンダーフリーとLGBT支援とがうまくリベラルの思想の中で整合的に体系化できれば私としてもべつに文句ないんですが、
 目下のところ、「心の性」の認定(自認も含めて)の根拠の最たるものは「どれほど男(女)らしく生活しているか」というジェンダーどっぷりですから、ジェンダーフリーとトランスジェンダー支援とのつじつまを合わせるのは相当難しそうですね。

>
> https://www.huffingtonpost.jp/2018/10/21/trump-transgender_a_23567646/
> 「トランプ政権は「生まれ持った性器によって決定された性別は変更不可能である」という方向で、性別の定義の統一を検討していると報じた。」
> (上記リンクより引用)

 キリスト教信者筋の支持を固めるには良い戦略ですね。
 大統領就任式で聖書に手を置いて宣誓したからには、まあ政策として当然と言えるでしょう。

 キリスト教と「心の性」という宗教と、いやはや、古い迷信と新しい迷信ががっぷり四つに組んだ形で、どちらが勝つものやら。
 
 

Re: 『熱中時代』の主題歌

 投稿者:国語  投稿日:2018年10月23日(火)04時50分30秒
返信・引用
  > No.5344[元記事へ]

国語さんへのお返事です。

> 自分以外の他人が何考えてるかなんて、さっぱりわかんないっすよ。
> 己の欲せざるところ人に施すことなかれ。
> 巧言令色すくなし仁。

ひとつ足しておきます。


   自分以外の人間にも心があるってわからないやつは、どんなに頭がよくってもばかなんだよ。


…自分はこの言葉をず~っと探しています。
中学の時文集に同学年のの女の子が「私の好きな言葉」として「ある漫画のセリフですが」と紹介していたものです。
いつかあの子にどこかでまた会えたら「なんていう漫画だったの?」って、聞きたいんだけど。
これからも探していくと思うけど、もし誰か知っていたらこの漫画だよ、ってお知らいただけたらすごくありがたいです。渡辺恒夫先生的には「多我体験」とでも言うんですかね。わかりませんが。

…これは、哲学的にも大事じゃないの?
もし大事じゃないんなら哲学が大事かどうか自分にはよくわからないですね。

それでは。
 

Re: 祝!ハルヒ新作!

 投稿者:Ted  投稿日:2018年10月23日(火)01時35分9秒
返信・引用
  > No.5338[元記事へ]

φさんへのお返事です。

>   「同性愛は嗜好でなく指向」と説きまくる人たちは、「嗜好」つまり変態への差別意識に駆られている可能性ありの感が。
>   指向だろうが嗜好だろうが差別しちゃいけないことに変わりないし、
>  実際、嗜好で同性愛やってる人も多いわけですから(私は何人も知ってます)、どうして指向指向こだわるのかわかりません。そもそも指向って一生変わらないものでもなし。

確かに。そうですね。客観的事実だけを外側から見たら、
指向なのか嗜好なのかは区別つかなさそうですね。

リバタリアニズム的に、どんな嗜好や指向でも差別しちゃだめですよね。
極端なことを言うと、ネクロフィリアとかも別に嗜好という意味では
差別はされなく、端的に、大部分(というか全部)の国の法律とかのルールで
禁じられているが故に悪というだけだとは思っています。

法律自体は集団がうまくやっていくために、他人を侵害しちゃだめだよ的に
決めているだけで、たまたま、不幸ながら持っていた嗜好がネクロフィリアとか
殺人衝動とかの場合は、実行すると、大部分の国で悪とみなされてしまう
ということかなとは思っています。

5ch(旧2ch)で、少し気になったコピペ?の一部で、以下のがありました。
ーーー
“ジェンダーフリー運動”とは、「男らしさ」「女らしさ」を“否定”しようとする運動を言い、
“LGBT支援運動”とは、従来の「男女」2つの性を“否定”した「多様な性」を強要する運動をいう。
ーーー
(5chの書き込みより引用)

こういう視点だと、両方とも、
旧来の「男女」を破壊する概念ともとれますね。

あと、
https://www.huffingtonpost.jp/2018/10/21/trump-transgender_a_23567646/
「トランプ政権は「生まれ持った性器によって決定された性別は変更不可能である」という方向で、性別の定義の統一を検討していると報じた。」
(上記リンクより引用)

トランプさんはやっぱりというか、LGBTは反対みたいですね。(政府発表ではないですが)
「運動」とかになると、政治思想とかの話が大きくなって、ますます、本質からはなれていきそうですが…
 

Re: 『熱中時代』の主題歌

 投稿者:国語  投稿日:2018年10月20日(土)07時44分31秒
返信・引用
  > No.5343[元記事へ]

国語さんへのお返事です。

どうもすいません。
私の記憶は嘘ばっかりデマと与太とを溜め込みぬ。

調べたところ

①やさしさ紙芝居(松本隆作詞)
②ぼくの先生はフィーバー(橋本淳作詞)
③ヒロミ(伊藤アキラ作詞)

…でした。
①②が『熱中時代』の主題歌で、②と③の歌手が同じ「原田潤」だったので混ざってしまったみたいです。

お詫びして訂正いたします。

…だから、自分のような「バカな人」の記憶なんてこんなもんなんですよね。
何か「入れる」ことに成功すれば結構大きいんですよ。
同じこと、何回も連呼したり、感情にやたら訴えたりって、結構有効なんですよね。
気をつけよう。
「よっしー」の言う通りかもしれない。
自分以外の他人が何考えてるかなんて、さっぱりわかんないっすよ。
でも、そんな時、孔子さまはまだ使える。
己の欲せざるところ人に施すことなかれ。
…これ、逆はダメなんだよね。

自分が嫌なことは他人にもしない。

それで終わらなくて逆を言い出したりぐちゃぐちゃいう人は

巧言令色すくなし仁。

…このへんでブーメランが自分に命中してあいたたた、って感じだな。
それでは。


 

『熱中時代』の主題歌

 投稿者:国語  投稿日:2018年10月20日(土)06時51分18秒
返信・引用
  たしかね『やさしさ紙芝居』だったと思うんですけどね。
樹が向いたら聞いてみてくださいよ。いい歌ですよ。

  ねえきみぼくはこうおもうのさ
  人生なんて紙芝居だと
  涙も笑顔もつづきはあした
  時という名の自転車こいで
  やさしさ紙芝居  そして誰もが主人公

これ『ヒロミ』と同じ作詞家なんだよ。
『ヒロミ』NHKで久しぶりに流したらセクハラだってすぐ取りやめだってさ。
なんだかなあ。
じゃあ、アメリカ人みたいに「あいしてるよ」とかやれってか?
背中がむずむずするな。
自分の息子は結婚できるのかな?
こないだ夫と息子がちらっとそんな話してたみたいで
「気立て。気立てだよ。気立てがいいのが一番なんだから」
と、夫が言って息子が自分のほうをどんよりした顔で見てきましたっけね。
「何の話?」
と確認したら二人ともシーンとして…。
さ、気を取り直して上田紀行さんの本でも熟読して「どんなお母さんが育てたどんな考えの息子だったらあのお美しいこの世のものとも思えない竹内陶子様が嫁になって子孫を残してくれるのか」研究しますかね。
わくわくするね。
じゃ。

 

Re: 祝!ハルヒ新作!

 投稿者:国語  投稿日:2018年10月20日(土)05時51分55秒
返信・引用
  > No.5341[元記事へ]

φさんへのお返事です。

柿の実が落ちれば変態変質者誰かの腹へ入れば栄養   国語

ひとりぼっちで一生完璧に「変態」として存在し続けることができて決して「変質者」にならない方を私は尊敬していますよ。最高にかっこいいでしょう。
でも、誰かの「変態ごっこ」につきあうのは大っ嫌い。
そんな私は冷血漢。
冷血漢は嫌われますからね。ママが死んだら蛭子能収さんみたいにわらっちゃうとまずいしムルソーみたいに無表情でもダメ。この世のルールで泣いておくんですよ。
生きてるなんて全部「ごっこ」なんだから。
せめて自分でシナリオ書かなきゃつまんないよね~。
柿の実は頑張って木にしがみついとけば鳥さんのごちそうですからね。
がんばろうじゃないですか。
んじゃ。

 

Re: 祝!ハルヒ新作!

 投稿者:φ  投稿日:2018年10月20日(土)05時36分13秒
返信・引用
  > No.5340[元記事へ]

国語さんへのお返事です。

>
> 「変態」ってもっともっと慎重に扱わないと危険だと思いますよ。
> 「犯罪」とかな~り近いですからね。
>

「変態」と「変質者」を混同してませんか。

 変態ほど良識から遠く、犯罪からも遠いものはありません。
 

Re: 祝!ハルヒ新作!

 投稿者:国語  投稿日:2018年10月19日(金)06時04分27秒
返信・引用
  > No.5338[元記事へ]

φさんへのお返事です。
>
>   ゲイもトランスジェンダーも私は大いに親近感持ってるんですが
>  (ただし同じ「変態」としてです。「変態」は嫌だというのは変態差別ですよね)

横レスです。
「変態」ってもっともっと慎重に扱わないと危険だと思いますよ。
「犯罪」とかな~り近いですからね。
だから「小説」という檻の中で暴れさせると爽快感あったんですけどね、今、なんでも視覚化して「見る」ことだけが暴走してますからね。
だいたい、Tedさんだって将来ある大切な若者なんだから、こんなのにつきあわなくていいんですよ。
酒場で話したほうがいいですよ。
んじゃ。
 

Re: 祝!ハルヒ新作!

 投稿者:国語  投稿日:2018年10月19日(金)05時31分4秒
返信・引用
  > No.5337[元記事へ]

φさんへのお返事です。

> 国語さんへのお返事です。
>
>   ◆◆◆ には固有名詞が入ります。姓名です。マンガ(アニメ)の登場人物の。
>
>  もちろんいろんな投稿者がいろんなキャラクター挙げてたんですが、
>  私が一番うなずいたのはこの人でした。
>
>       星一徹


へえ。
そりゃ想いもよらない回答でしたね。

でもみんな甘いな。
自分だったら「あき子姉ちゃん」が近所で竹ぼうきもって道を掃いていたらうれしいですね。
セットなのにね。

じゃ。
 

Re: 祝!ハルヒ新作!

 投稿者:φ  投稿日:2018年10月19日(金)02時05分34秒
返信・引用
  > No.5336[元記事へ]

Tedさんへのお返事です。

>
> クエスチョニングというか、LGBTQIA(どこまで長くなるのでしょうか…)の対抗がジェンダーフリーでしたね。
>

 LGBTを「ふざけた概念」といった小川榮太郎に同意する人がどれほどいるかはともかく、LGBTQまでいくと「あちゃぁ」と脱力する人は多いのではないでしょうか。

 ゲイもトランスジェンダーも私は大いに親近感持ってるんですが
 (ただし同じ「変態」としてです。「変態」は嫌だというのは変態差別ですよね)
 本気で性別を変えられると信じ込む(変えなきゃ、とリキむ)リアル派はやや苦手です。
 表面だけ変えてることに変わりないのだからあくまでフィクション意識失いなさんなよ、とやきもきします。
 フィクションで大いに結構じゃないですか、と。

 ちなみに、
 「同性愛は嗜好でなく指向」と説きまくる人たちは、「嗜好」つまり変態への差別意識に駆られている可能性ありの感が。
 指向だろうが嗜好だろうが差別しちゃいけないことに変わりないし、
 実際、嗜好で同性愛やってる人も多いわけですから(私は何人も知ってます)、どうして指向指向こだわるのかわかりません。そもそも指向って一生変わらないものでもなし。
 

Re: 祝!ハルヒ新作!

 投稿者:φ  投稿日:2018年10月19日(金)01時49分3秒
返信・引用
  > No.5334[元記事へ]

国語さんへのお返事です。

> >
> >  人格障害といえば、
> >  「隣に(近所に、だったか)住んでいられると迷惑なキャラクター」
> >  とかいうスレッドがあって、
> >  列挙される固有名詞を見ながら私が一番深くうなずいたのは――――
> >  ◆◆◆
> >  でした。
>
> 「冒険家」。「探検家」。
> 迷惑だよね。自治会の仕事はしないでしょっちゅういなくってカンパとか要請されたりして。
> 面白いお土産話がないとすごく嫌ですね。
>

  ◆◆◆ には固有名詞が入ります。姓名です。マンガ(アニメ)の登場人物の。

 もちろんいろんな投稿者がいろんなキャラクター挙げてたんですが、
 私が一番うなずいたのはこの人でした。

      星一徹
 

Re: 祝!ハルヒ新作!

 投稿者:Ted  投稿日:2018年10月19日(金)00時49分39秒
返信・引用
  > No.5330[元記事へ]

φさんへのお返事です。

>  クエスチョニングは、所期設定(セクシュアリティ)は明瞭だが事後設定(ジェンダー)が不明瞭だと主張するわけですね。
>  だから、「事前確率を無視する誤謬」に対応するとも言えます。
>  事後の証拠だけで判断してしまう(事後の証拠によって自分の性別がわからなきなってしまう)わけです。トランスジェンダー全般がそうですね。
>  事前確率を無視する誤謬は、例の「健康診断問題」が一例ですが(99%の確率で正しい結果を出す検査で陽性だったら、その人は99%その病気だ」と考えてしまう誤謬ですね)、
>  トランスジェンダーは(そしてそれを安易に承認する人々も)、上記の誤謬と同型の誤謬に引っ掛かっていると思われます。
>
>  逆に、「事前確率を重視しする」人は、
>  事前確率不明から出発した場合、どんな証拠が得られても事後確率は不明であると固執します。
>  ベイズ改訂の拒否ですね。
>  これは、ジェンダーフリー派が該当するのではないでしょうか。
>  たしかに、ジェンダーのデータが突き付けられるまでは、セクシュアリティによる行動傾向の差異というものは不明である。だからといって、事後の状態である「男らしさ」「女らしさ」の実在、性役割の効用まで「不明」「不在」と突っぱねることができるものか。
>
>  事前確率は無視してもいけないし重視しすぎてもいけない。

なるほど。
クエスチョニングというか、LGBTQIA(どこまで長くなるのでしょうか…)の対抗がジェンダーフリーでしたね。

>  事前確率:事後確率 = セクシュアリティ:ジェンダー
>  という図式、なかなか使えるかもしれません。
セクシュアリティ→ジェンダー
のベイズ改訂に当たる操作も興味深いですね。

>  マルチバースがここにどう絡められるかは、まだわかりませんが。
>  単一宇宙説が常識の初期設定で、マルチバース説が証拠による事後確率的支持を得て・・・的な展開でしょうかね。
>  この対応は、Tedさんのイメージに一致すると思います。
可能世界とかも入ってくると面白そうですね。
必然的に男=すべての可能世界で男、女であることも可能=ある可能世界で女…
 

Re: 祝!ハルヒ新作!

 投稿者:国語  投稿日:2018年10月18日(木)08時07分15秒
返信・引用
  > No.5334[元記事へ]

国語さんへのお返事です。

ついでなんで、島田雅彦がキレて、村田を非難した理由を書いておくね。

村田紗耶香と大久保佳代子の対談、というものすごいものがネット上にあって、そこからメモしたもの。


村田紗耶香談
「私も幼少期、中学生くらいの頃までは、自分は恋愛をして結婚して出産するのが人生の宿題だと思っていたんです。でもそうじゃない生き方があることに本を読んで気がついて、恋愛においても、男の子が喜ぶような清純で可愛くて、特定の人の前ではちょっとやらしくて、という女の子になって、みそめられて結婚をしなくてはいけないと、すごい思っていて、死ぬほど女性でいることがめちゃめちゃ苦しかったんです。」


…すごい破壊力。
村田さんが語るようなことが装備できていないと「人格障害」なら、上等だな。
和泉雅子さまも涼宮ハルヒさんも「人格障害」。
女が「人格障害」ばっかりになったら男は「正常人格商売」の女と「人格障害」の女の2択になるわけだから面白すぎるよね。
自分だったら、どうしますかね~。
光浦靖子さんは明らかに賢くて身持ちが固そうでセンス抜群で色白で手芸も得意なんで土下座して求婚するかな。蹴っ飛ばされそうだけど。イケメンじゃないからダメかな。ムロツヨシタイプに作っていけば戸田恵梨香でもなんとかなるかもしれないし、とりあえず、あきらめずに自分に似たお笑い芸人でも研究して作戦を練るかな。それでもだめならもう、2次元でいいや。貯金して考えます。

それでは。
 

Re: 祝!ハルヒ新作!

 投稿者:国語  投稿日:2018年10月18日(木)05時27分30秒
返信・引用
  > No.5333[元記事へ]

φさんへのお返事です。

> 国語さんへのお返事です。
>
>  人格障害といえば、
>  「隣に(近所に、だったか)住んでいられると迷惑なキャラクター」
>  とかいうスレッドがあって、
>  列挙される固有名詞を見ながら私が一番深くうなずいたのは――――
>  ◆◆◆
>  でした。

「冒険家」。「探検家」。
迷惑だよね。自治会の仕事はしないでしょっちゅういなくってカンパとか要請されたりして。
面白いお土産話がないとすごく嫌ですね。

それでは。
 

Re: 祝!ハルヒ新作!

 投稿者:φ  投稿日:2018年10月18日(木)03時13分29秒
返信・引用
  > No.5332[元記事へ]

国語さんへのお返事です。

>
> 和泉雅子様は美しすぎて学校では宇宙人扱いでいじめられてたらしいよ。最高だね!
> 「どうしようもない人格障害」…ハルヒが?そお?
> 全然そうは思わないけどね。
>

設定も人格障害だし(初登場のときのうわさ話など)、実質も人格障害(佐々木の閉鎖空間の比較……)。

 人格障害といえば、
 「隣に(近所に、だったか)住んでいられると迷惑なキャラクター」
 とかいうスレッドがあって、
 列挙される固有名詞を見ながら私が一番深くうなずいたのは――――
 ◆◆◆
 でした。
 

Re: 祝!ハルヒ新作!

 投稿者:国語  投稿日:2018年10月17日(水)07時27分52秒
返信・引用
  > No.5331[元記事へ]

国語さんへのお返事です。

>  ハルヒもそうですが、
> >  女性キャラクターはどうしようもない人格障害でもルックスさえよければすべて許容されヒロイン格、というのが相場。
> >  ・・・・・・人間的魅力は重視されないのが今に至るまでヒロインの逆説的特権。
> >  ハルヒもエルメスも内面が欠けており(ハルヒは唯一、私が第3章第3節で引用した部分に内面が吐露されるが、いかにも疑似内面……)そのぶん視点男側がありったけの内面を放射し続ける。
> >

…ハルヒ、「内面が欠けて」る?
この人、面白いけどね。
私は日活三人娘(古いな)のなかで「和泉雅子」様がダントツで好きなんですけど。
(もう、「絶唱」とか、「死んでるけど健康的過ぎて重そう!大丈夫か?持てるか?」って感じで最高だね。)
和泉雅子様は美しすぎて学校では宇宙人扱いでいじめられてたらしいよ。最高だね!
「どうしようもない人格障害」…ハルヒが?そお?
全然そうは思わないけどね。
むかし『もしも学校が…』っていうドラマがあって自分は大好きだったんだよね。谷川さんも、あのドラマ見てたんじゃないかな、なんて、思いましたね。
でっかいこと考えてるハルヒはものすごく魅力あるよね。
先生も、ほんとうはそんなことわかってるんじゃない?

それでは。

 

Re: 祝!ハルヒ新作!

 投稿者:国語  投稿日:2018年10月17日(水)05時33分26秒
返信・引用
  > No.5329[元記事へ]

φさんへのお返事です。

> 国語さんへのお返事です。
>
> >
> > …これを読んでちゃね。
> > なんだか涼宮ハルヒシリーズも、近くね?なんて言うと怒られちゃうんで逃げとこ。
> >
>
>  ハルヒもそうですが、
>  女性キャラクターはどうしようもない人格障害でもルックスさえよければすべて許容されヒロイン格、というのが相場。
>  あるいは、「電車男」のエルメスみたいに、無個性であってもルックスさえよければ……が相場。
>  ルックスがよくなきゃどんなにモノローグ頑張っても限界あり。キョンの女バージョンは造形困難。(正確には、造形且流通は困難)
>
…だからね、最初に言いましたけど『漫画家マリナシリーズ』のマリナって、「面白い女」だよ。美しくない。
女の子はそういう女にイケメンが群がる話をず~っと愛読してたわけよ。
近所の奥さんでハーレクインロマンスため込んでる人おって、ガキの頃よく借りて見てたけどこれも似たようなもんだね。「こんなあたしのどこがいいの!?」って。こっぱずかしくって。「よかねえよ。でも、あんたみたいなどーってことない女が感情移入する装置として必要な設定なわけよ」…とまでは言語化できない感覚をもちながら「おばさんちの棚の本は全部同じなんだ。な~んだ」って、気が付くまで借りてたね。

島田雅彦がイベントで

もう絶世の美女連れて来い。
そうしたら作品は俺らが手伝ってやるから。宮崎あおいとか木村カエラとか。

とか言ってたみたいね。
自分はもう芸人だから秋本康したいのかしらね。

「イケメンがボロボロにされて捨てられる話」
だったら、みんな笑ったり泣いたりしながら喜んで読むのに。
そんなにおじいさんにならないうちに書いちゃいなよ。…って、思いますね。あの人のルックスじゃないと無理。
もちろん、「あの女性」のはなしね。読みたいな~。

それでは。




>  ・・・・・・人間的魅力は重視されないのが今に至るまでヒロインの逆説的特権。
>  ハルヒもエルメスも内面が欠けており(ハルヒは唯一、私が第3章第3節で引用した部分に内面が吐露されるが、いかにも疑似内面……)そのぶん視点男側がありったけの内面を放射し続ける。
>
>  これが逆転してもヒーロー、ヒロインの人気が維持されるようになって初めて、どこぞのイデオロギーが満たされるような気がします。
 

Re: 祝!ハルヒ新作!

 投稿者:φ  投稿日:2018年10月17日(水)02時42分37秒
返信・引用
  > No.5328[元記事へ]

Tedさんへのお返事です。

>
> イメージですが、
> 「事前確率がわからないから確率は計算できない」派=「クエスチョニング」=「主観確率を認めない」派=「マルチバース否定(世界は1つ、1回限り)」派
> 「事前確率がわからんくても確率は計算出来るよ」派=「出生時性別でいいじゃん」=「主観確率を認める」派=「マルチバース肯定」派
> のような気がしました。
>

 私のイメージは、Tedさんのイメージとは逆かな。

 すなわち、

クエスチョニングは、所期設定(セクシュアリティ)は明瞭だが事後設定(ジェンダー)が不明瞭だと主張するわけですね。
 だから、「事前確率を無視する誤謬」に対応するとも言えます。
 事後の証拠だけで判断してしまう(事後の証拠によって自分の性別がわからなきなってしまう)わけです。トランスジェンダー全般がそうですね。
 事前確率を無視する誤謬は、例の「健康診断問題」が一例ですが(99%の確率で正しい結果を出す検査で陽性だったら、その人は99%その病気だ」と考えてしまう誤謬ですね)、
 トランスジェンダーは(そしてそれを安易に承認する人々も)、上記の誤謬と同型の誤謬に引っ掛かっていると思われます。

 逆に、「事前確率を重視しする」人は、
 事前確率不明から出発した場合、どんな証拠が得られても事後確率は不明であると固執します。
 ベイズ改訂の拒否ですね。
 これは、ジェンダーフリー派が該当するのではないでしょうか。
 たしかに、ジェンダーのデータが突き付けられるまでは、セクシュアリティによる行動傾向の差異というものは不明である。だからといって、事後の状態である「男らしさ」「女らしさ」の実在、性役割の効用まで「不明」「不在」と突っぱねることができるものか。

 事前確率は無視してもいけないし重視しすぎてもいけない。

 事前確率:事後確率 = セクシュアリティ:ジェンダー
 という図式、なかなか使えるかもしれません。

 マルチバースがここにどう絡められるかは、まだわかりませんが。
 単一宇宙説が常識の初期設定で、マルチバース説が証拠による事後確率的支持を得て・・・的な展開でしょうかね。
 この対応は、Tedさんのイメージに一致すると思います。
 

Re: 祝!ハルヒ新作!

 投稿者:φ  投稿日:2018年10月17日(水)02時23分19秒
返信・引用
  > No.5327[元記事へ]

国語さんへのお返事です。

>
> …これを読んでちゃね。
> なんだか涼宮ハルヒシリーズも、近くね?なんて言うと怒られちゃうんで逃げとこ。
>

ハルヒもそうですが、
 女性キャラクターはどうしようもない人格障害でもルックスさえよければすべて許容されヒロイン格、というのが相場。
 あるいは、「電車男」のエルメスみたいに、無個性であってもルックスさえよければ……が相場。
 ルックスがよくなきゃどんなにモノローグ頑張っても限界あり。キョンの女バージョンは造形困難。(正確には、造形且流通は困難)

 ・・・・・・人間的魅力は重視されないのが今に至るまでヒロインの逆説的特権。
 ハルヒもエルメスも内面が欠けており(ハルヒは唯一、私が第3章第3節で引用した部分に内面が吐露されるが、いかにも疑似内面……)そのぶん視点男側がありったけの内面を放射し続ける。

 これが逆転してもヒーロー、ヒロインの人気が維持されるようになって初めて、どこぞのイデオロギーが満たされるような気がします。
 

Re: 祝!ハルヒ新作!

 投稿者:Ted  投稿日:2018年10月17日(水)01時55分0秒
返信・引用
  > No.5325[元記事へ]

φさんへのお返事です。

>   正直、「Xジェンダー」とか「クエスチョニング」とかいう概念が一番わからないです。
>   「わからない」のはみんな同じで(私だって、玉と竿があること以外、自分が男である根拠なんてわかりゃしない)、だったら体の性名乗っときゃでいいじゃんかと当然思いますが、どうして「わからない」をアイデンティティにするんでしょうね。
「クエスチョニング」とかあるのですね。
調べてみましたが、悩める思春期みたいな感じですね…

>   以前ここで、二封筒問題、
>   「事前確率がわからないから確率は計算できない」
>   と言い張る人々がいたことを思い出します。
>   特定のペアの事前確率がわからないってことは「こちらが高額の方である」という別記述の事象の事前確率が改訂されない、ってことなんですが、「わからない」に戻さないと気が済まない人たち。
>   私にそういう人の気持ちがわからないのは、Xジェンダーがわからないのと同根のような気がします。
>   二封筒問題とトランスジェンダー論が結び付くかも?
>
>   いずれにせよ、「わからない」「確信が持てない」なら「事前確率、あるいは出生時性別」を改訂せずに保持しときなよ、て話です。

何となくですが、
1回限りの現象について、確率が求められるか否か(頻度主義か主観確率か)も関係しているような気がします。

主観確率の考え方ですが、
マルチバースを前提にしたら、1回限りの事象でも実は多数回(無限回)繰り返されていて、各世界を1回とすると、
頻度主義っぽくなりますよね。(高確率=より多い世界で実現していること)

イメージですが、
「事前確率がわからないから確率は計算できない」派=「クエスチョニング」=「主観確率を認めない」派=「マルチバース否定(世界は1つ、1回限り)」派
「事前確率がわからんくても確率は計算出来るよ」派=「出生時性別でいいじゃん」=「主観確率を認める」派=「マルチバース肯定」派
のような気がしました。
 

レンタル掲示板
/191