teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re: 事前確率「不明」

 投稿者:φ  投稿日:2017年 9月18日(月)19時01分56秒
返信・引用
  > No.4797[元記事へ]

kotaさんへのお返事です。

>
> でも封筒を開けて10000円を見た場合、
> 胴元が、5000円と10000円の封筒を用意したか、 10000円と20000円の封筒を用意したかは、
> 胴元が自由に決めることが可能なので、「確率1/2」と断定することは躊躇します。
>

 「確率1/2と断定することは躊躇する」は「確率不明と判断する」ということとは違いますよね。
 「不明」という確率はありませんから。
 純然たる「不明」という確率があるとしたら、まさしく1/2のことになってしまうので。
 (1か0のいずれかに近い判断を下したとしたら、何か判断材料があるという意思表示ですから)

 したがって、「躊躇」は「件の確率について何も判断しないことにする」という立場と理解しましょう。

 その立場に対しては疑問は尽きませんが、焦点を絞るために一応ふたつだけ。

 1■2封筒ゲームで1万円を見てから、あなたは友人に頼む。「あちらの封筒内を確かめ、仕掛のないサイコロを振って6が出たときだけ真実を告げ、他の目のときは嘘を告げてくれ」と。友人はそのルールに従って「2万円だ」と言った。告げられたあなた(出目は見ていない)の観点からして、あちらが2万円である確率はいくらか。

 2■すべての場合について高額・低額の場合を平均すると半々になるので、すべての金額にわたって「それが高額の方である確率」を平均すると1/2。つまり任意の金額についてそれが高額側である「確率の期待値」は1/2。
 それを根拠に開封前にこう決めておくのは不合理だろうか。
 「開封後にどの金額xが見えても、反対側の封筒の金額が2xである確率とx/2である確率はともに1/2である」

 1は計算問題で2は記述式問題ですが。
 まあお時間があったら。
 
 

Re: 事前確率「不明」

 投稿者:kota  投稿日:2017年 9月18日(月)12時11分50秒
返信・引用
  φさんへのお返事です。

参加者が高額側の封筒を選ぶか、低額側の封筒を選ぶかについて、
「原理的に確率1/2」となるのは理解できます。

でも封筒を開けて10000円を見た場合、
胴元が、5000円と10000円の封筒を用意したか、 10000円と20000円の封筒を用意したかは、
胴元が自由に決めることが可能なので、「確率1/2」と断定することは躊躇します。

 

事前確率「不明」

 投稿者:φ  投稿日:2017年 9月17日(日)18時31分50秒
返信・引用
  > No.4794[元記事へ]

kotaさんへのお返事です。

>
> 交換により倍額になるか半額になるかの確率1/2を否定する人達というのは
> そもそも、事前確率が不明なので交換による確率が1/2かどうかわからない、
> だから、期待値の計算そのものができないと言っているのです。
>

事前確率というのは、事前にある程度わかっているから事前確率とされるのであって、
わからない場合は(思いつきもしない場合は)まずデータを得て、そこで初めて事前確率が(「事前」は相対的な概念なので」決められるわけですね。
値を決めていないものは、「確率」として使ってはならないわけです。

↓わかりきったことですが一応まとめておきます。

P(高額)=1/2
P(低額)=1/2
↑二封筒問題では未開封時にこのような↑事前確率が与えられています。
開封後
P(高額|1万)
P(低額|1万)
を求める問題で、
P(1万)は不明    (正確にはP(1万&高額)もP(1万&低額)も不明)
という事実を根拠に、
P(高額|1万)は不明
P(低額|1万)は不明
とするのが多くの数学徒の見解のようです。
彼らの誤りは、P(1万)=不明 であるかのように、つまり「不明」という値があるかのように扱って、
ベイズ改訂で P(高額|1万)=不明 を得たつもりになっていることでしょう。

「不明」というのは具体的な値ではなく、「計算に使えない」「使える事前確率がない」ということにすぎません。
換言すれば、証拠能力がない。改訂の機能を持たない。
したがって、使ってはいけないのです。事後確率の計算に介入させてはならない。
計算に使えないというのは、「これまで得てきた計算結果を破棄するために使える」ということではありません。
つまり、P(1万)=不明 という値を代入してはならず、
P(1万)をベイズ改訂に使うべからず(あるいは事前確率と同一の事後確率を得るべし)、というだけのこと。
P(高額|1万)=P(高額)=1/2
この簡単な論理がわからないようでは、いくら数学を学んでも無駄、むしろ有害ではないか? と私は思いますね。

 開封して見る金額をxとして
∀x(P(高額|x)=P(低額|x)) という前提(無差別原理)が矛盾を導くというなら別ですが、矛盾を導いてみせた数学徒は一人も居ませんでしたし。
∀x∀y(P(x)=P(y)) と考えてしまうと確かに矛盾が出てきますが、そんなことは二封筒問題の解決のために要求されていませんから。……

∀x(P(高額|x)=P(低額|x))が矛盾だと言う人は、
未開封バージョンにおいてもP(高額)=1/2 を否定すべきですね。
未開封時にすでに P(高額)=不明 と言い張るつもりがあるなら、そういう人はそれなりに一貫していると言えるでしょう。
(一貫はしていても誤りですが。なぜなら実験によってP(高額)=1/2は確証されますから)
 

(無題)

 投稿者:遅読猫  投稿日:2017年 9月16日(土)10時55分0秒
返信・引用
  >> 2封筒問題の論理的本筋は「「期待値」のどこがおかしいのか?」を論ずることです。
>> 1/2を否定する人達は、それ(1/2)を「期待値」がおかしい原因としているわけで、
>> つまり、「2封筒問題の論理的本筋」は正しく認識しています。

> 違うと思います。
> 交換により倍額になるか半額になるかの確率1/2を否定する人達というのは
> そもそも、事前確率が不明なので交換による確率が1/2かどうかわからない、
> だから、期待値の計算そのものができないと言っているのです。

だから、
封筒aを確認した場合の封筒bの「期待値」0.5a×1/2 + 2.0a×1/2 はおかしい。
それは 1/2 がおかしいから、って言ってんの、1/2を否定する人達は。
 

Re: (無題)

 投稿者:kota  投稿日:2017年 9月16日(土)10時37分42秒
返信・引用
  > No.4793[元記事へ]

遅読猫さんへのお返事です。

横から入ってすみませんが、あまりにも酷いので一言だけ。

>2封筒問題の論理的本筋は「「期待値」のどこがおかしいのか?」を論ずることです。
>1/2を否定する人達は、それ(1/2)を「期待値」がおかしい原因としているわけで、
>つまり、「2封筒問題の論理的本筋」は正しく認識しています。

違うと思います。
交換により倍額になるか半額になるかの確率1/2を否定する人達というのは
そもそも、事前確率が不明なので交換による確率が1/2かどうかわからない、
だから、期待値の計算そのものができないと言っているのです。

遅読猫さんの説は
A説:1万円を交換して得する確率は1/2
を前提としながら、交換で損得無し、
すなわち、
C説:1万円を交換して得する確率は1/3
と言ってるに等しいわけで矛盾しています。
 

(無題)

 投稿者:遅読猫  投稿日:2017年 9月16日(土)09時52分51秒
返信・引用
  三浦さんへ

> 当方は、掲示板を開業している以上、せっかくおいでいただいた人には何かコメントしよう、ということにすぎませんでしたから。

> ところで、”遅読猫” で検索したところ、確率関係の記事に行き当たりました。
> そこに次のような記述がありますが――
> …
> しかしこういうのを「期待値」と呼ぶのではありませんか?

「すぎませんでした」って、あなた、わざわざ「検索」して、わざわざ私のブログに来て読んでんじゃん。

> ゲゲゲさんが正しい回答を書いています。それでご納得いただけなければ何を追加しても無駄でしょう。

あなたが発した変な問に、あなたから「これが正しい回答」って言われてもねぇ、納得できるわけないっしょ。
で、
「問3状況の必要十分条件」がなにか自分でもわかってない、ってことね。
つまり、
自分でもなんだかわかってないものを元に、もう引き上げようとしていた私にしつこく変な問を繰り返した訳ね。
さすが、マナーを守る、「議論のできる人」は違いますね。

> 私と同じく遅読猫さんは、「1万円を交換して得する確率は1/2」と認めているからです。
> 意見の対立がないのです。
> だから大仰な語調で書いてこられても、私の方は内容と語調のギャップに白けるばかりなのですよ、正直。

へ?「意見の対立がない」?
あなたの意見は、M:一万円を確認したら、「期待値」は当てになり、なのでそれに従って交換すれば、交換しなかった場合より得をする。
私の意見は、C:「期待値」はあてにならない、なので交換しようがしまいが、どちらが得ということはない。
M≠C、真っ向から「意見が対立して」いますが。
そもそも、M≠Cだから、あなた、私に吹っかけてきたんじゃん。それさえ忘れた?
さすが、「議論のできる人」は違いますね。

> 数学の徒はなぜか大多数が確率1/2を否定する立場をとります。それがナンセンスであることを論ずるのが、2封筒問題の論理的本筋です

違います。
2封筒問題の論理的本筋は「「期待値」のどこがおかしいのか?」を論ずることです。
1/2を否定する人達は、それ(1/2)を「期待値」がおかしい原因としているわけで、
つまり、「2封筒問題の論理的本筋」は正しく認識しています。
1/2を否定する人達は、「何みんなパラドックス、パラドックスって騒いでんの?「期待値」は正しいから、それに従って交換すりゃ得するに決まってんじゃんよ~」ってな、自分が一番ダメダメなのさえ分かっていない誰かよりは、前進している訳です。

> というわけで、
> 遅読猫さんは今後、ここにご出張いただくには及びません。(私もあれから一度もそちらにうかがっておりませんし)。

というわけで、
自分から吹っかけて、呼びいれておいて、自分の都合が悪くなれば切り上げる訳だ。
私に来てほしくなければ、今後はこんな↓ …

> まあ議論の出来ない人とのやりとりは今まで10や20にとどまりませんので。……
> ただ、内容的なことはもとより、
> 対話のマナーにおいて一人浮き上がってるな、くらいのことが認知できない人は困ってしまいますね。

…人がよそ向いてるときに石を投げるような、幼稚なことはしなさんな。
(私が私のブログであなたに対してそういうことしてる?)
さすが、「マナーにおいて浮き上がって」いない人は違いますね。
ご希望どおり、今回で失礼させていただきますが、今後もこのようなことをされるのであれば、その限りではありませんので

> これからは、私ではなく、「確率1/2」を否定する人たちを相手にどうぞ議論してください。

はぁ?
なんであなたにそんな指示されなきゃいけないの。
なんか勘違いしてるようだけど、私はあなたの言うことにホイホイ従うあなたの生徒じゃないのよ。
で、
その場では敢えて言わなかったけど、以前の議論の途中で、あなた、「1/2を否定する人」と私の矛先を、あなたから「1/2を否定する人」と私の互いに向けさせようとしてたよね。
そんな姑息なことしたって失笑を買うだけなのに。
さすが、「議論のできる人」は違いますね。

で、
命題:p を提示できたら、いつでも私のブログにコメントください。
お手数ですが、ハンドルネームは"三浦俊彦"さんでお願いします(例のスマシが厄介なので。名前ならスマシも躊躇するでしょうから)。
また そのときはこちらにお伺いします、って、おっと、来ちゃいけないんでしたね。
 

Re: 2封筒問題

 投稿者:φ  投稿日:2017年 9月12日(火)05時34分38秒
返信・引用
  > No.4791[元記事へ]

kotaさんへのお返事です。

>
> C説では、交換しても損得無しと言いたいために、
> 「交換して倍になる確率が1/3、半分になる確率が2/3」とか
> 「相加平均じゃなくて相乗平均を使う」のような奇天烈な意見があって面白いのですが。
>

差ではなくて比だけがわかっている場合は、一般に、「平均」として相乗平均を使うことには合理的な理由があるようですけれどね。
 交換と非交換の期待値を等しくしない限り、パラドクスが解消できないというのであれば、「二封筒問題の設定では期待値は相乗平均を用いる」と規約することはそれなりの「手」だとは思います。
 ただ、パラドクス解消のために、交換と非交換の期待値を等しくする必要はないので、相乗平均の出番はないでしょうね。

 二封筒問題は、交換による〈相加平均としての期待値〉の増分が、未開封時にゼロ、開封時にプラスになる、という事実にパラドクスが認められているわけですから、それを説明せずに相乗平均へ逃げるのは単に問題の棚上げでしょう。
 

Re: 2封筒問題

 投稿者:kota  投稿日:2017年 9月11日(月)19時53分10秒
返信・引用
  > No.4790[元記事へ]

φさんへのお返事です。

> kotaさんへのお返事です。
>
> >
> > A説:1万円を交換して得する確率は1/2(交換による期待値は25%増)
> > B説:1万円を交換して得する確率は不明(交換による期待値は計算不能)
> > C説:1万円を交換して得する確率はO(損得無し)
> >
>
>  C説は、「1万円を交換して得する確率は1/3(損得無し)
>  という意味でしょうか?

おっしゃる通りです。すみません。
C説では、交換しても損得無しと言いたいために、
「交換して倍になる確率が1/3、半分になる確率が2/3」とか
「相加平均じゃなくて相乗平均を使う」のような奇天烈な意見があって面白いのですが。
 

Re: 2封筒問題

 投稿者:φ  投稿日:2017年 9月11日(月)08時07分14秒
返信・引用
  > No.4789[元記事へ]

kotaさんへのお返事です。

>
> A説:1万円を交換して得する確率は1/2(交換による期待値は25%増)
> B説:1万円を交換して得する確率は不明(交換による期待値は計算不能)
> C説:1万円を交換して得する確率はO(損得無し)
>

 C説は、「1万円を交換して得する確率は1/3(損得無し)
 という意味でしょうか?

 たしかに、「分布の密度」とか言って、
 むこうが5千円である確率は2万円である確率の2倍だから交換の期待値は変わらない、とするトンデモ解説は散見されますね。
 C説は期待値のつじつまを合わせているだけですね。
 もしC説が正しければ、「高額の方を選んだら賞金」という賭けで常に〈交換せず〉を選んで2/3の勝率をあげ、大儲けできてしまいます笑
 

2封筒問題

 投稿者:kota  投稿日:2017年 9月11日(月)07時04分20秒
返信・引用
  こんにちは
ネットをざっと見る限り、2封筒問題については以下の3説があるようです。

A説:1万円を交換して得する確率は1/2(交換による期待値は25%増)
B説:1万円を交換して得する確率は不明(交換による期待値は計算不能)
C説:1万円を交換して得する確率はO(損得無し)

A説とB説はどちらも説得力がありますがC説には無理があります。

ちなみに、遅読猫さんの説は
前提がA説でありながら結論がC説となっており、やはり無理があります。

じゃあ、A説とB説のどちらが正しいのか?
正直言って私にはわかりませんでした。
 

Re: (無題)

 投稿者:φ  投稿日:2017年 9月11日(月)02時02分27秒
返信・引用
  > No.4783[元記事へ]

遅読猫さんへのお返事です。

 ゲゲゲさんが正しい回答を書いています。それでご納得いただけなければ何を追加しても無駄でしょう。

>
> ※最初、私はスマシ"φ"について問い合わせだけのつもりでした。
> それは三浦さんの書いてるものを読んで、あなたと議論しても時間の無駄と当初から分かっていたからです
>
> あなたから先に「議論の出来ない人」にふっかけて来たのをお忘れなく。
>

 「議論しても時間が無駄」なところへは無理しておいでいただくには及びません。
 当方は、掲示板を開業している以上、せっかくおいでいただいた人には何かコメントしよう、ということにすぎませんでしたから。
 率直に言って、遅読猫さんと私との間には有意義な議論は成立しません。
 なぜなら、
 私と同じく遅読猫さんは、「1万円を交換して得する確率は1/2」と認めているからです。
 意見の対立がないのです。
 だから大仰な語調で書いてこられても、私の方は内容と語調のギャップに白けるばかりなのですよ、正直。

 私の主敵は、「交換で得する確率1/2、したがって数学的な期待値増」を否定する人たちです。
 私と遅読猫さんの違いは、「確率1/2ではない」と言い張る数学徒たちを論破する努力をするかしないかの違いですね。

 数学の徒はなぜか大多数が確率1/2を否定する立場をとります。それがナンセンスであることを論ずるのが、2封筒問題の論理的本筋です。

 というわけで、
 遅読猫さんは今後、ここにご出張いただくには及びません。(私もあれから一度もそちらにうかがっておりませんし)。
 これからは、私ではなく、「確率1/2」を否定する人たちを相手にどうぞ議論してください。

 以上、どうかよろしくお願いいたします。

 p.s. もし「確率1/2」を否定する立場に転向したら、そのときおいでください。
 

(無題)

 投稿者:遅読猫  投稿日:2017年 9月10日(日)22時12分21秒
返信・引用
  三浦さんへ

毎度のことで申し訳ありませんが、私は忙しくて、たまにしかこの掲示板を見ることができません。
なので
命題:p を明示できたら、いつでも私のブログにコメントください。
また そのときはこちらにお伺いします。
お手数ですが、ハンドルネームは"三浦俊彦"さんでお願いします(例のスマシが厄介なので。名前ならスマシも躊躇するでしょうから)。
 

(無題)

 投稿者:遅読猫  投稿日:2017年 9月10日(日)15時46分26秒
返信・引用
  ゲゲゲさん

> 遅読猫とかいう致命的な馬鹿とよくここまで冷静にやりとりされたものだと感心します。
> どうやっても話の通じない、「議論に負ける準備」のない馬鹿は世の中にたくさんいます。
> こんなやつはある程度相手してやったら放っておいてもいいと思いますよ。

> 論理学や数学について専門的に学んだことのない私が横から口出すのも恐縮ですが、
> さすがに耐えられないので口出しさせていただきます。

「致命的な馬鹿」は「放っておいてもいい」んじゃなかったっけ?
私はあなたの忠告に従って、今まさに誰かさんに対してそうしています。
 

Re: (無題)

 投稿者:ゲゲゲ  投稿日:2017年 9月10日(日)14時20分20秒
返信・引用
  > No.4783[元記事へ]

遅読猫さんへのお返事です。

論理学や数学について専門的に学んだことのない私が横から口出すのも恐縮ですが、
さすがに耐えられないので口出しさせていただきます。

> > ●問3
> >  あなたは2つの封筒を提示された。あなたは左を選んだ。
> >  その後、別室にいる胴元はサイコロでxを決め、xと2xの金を用意し、左右の区別をコイン投げで決めてそれぞれ封入した。
> >  すでに選んであった左の封筒をあなたが開けると1万円入っていた。
> > あなたはその1万円をもらうか、もう一方の封筒と交換するか、選ぶことができる。あなたの視点からして、どちらが得か。
>
> > では改めて、
> > http://8044.teacup.com/miurat/bbs/4605
> > における問3状況の必要十分条件を、
> > 遅読猫実験が({10000, 20000}に意図的に限定した実験が)満たしているでしょうか?
>
> >  「問3状況の必要十分条件」とは、2封筒問題1万円バージョンの必要十分条件と同じです、と前回書きましたね。


三浦さんからの「問3状況の必要十分条件を、遅読猫実験が({10000, 20000}に意図的に限定した実験が)満たしているでしょうか?」という問いに私が答えさせていただきます。
答えは明確に「満たしていない」です。

問3において、「左の封筒の中身が1万円だとわかった時点」で、「あなた視点」で左右の封筒の金額のセットとしてありうるのは、{10000, 20000}{10000, 5000}の2パターンです。
あなたの「{10000, 20000}に意図的に限定した実験」は、問3の検証実験として不十分にもほどがあります。
期待値計算の段階では{10000, 20000}{10000, 5000}の2パターンを考慮するのに、検証の段階では{10000, 20000}しか対象にしないのでは、期待値と実際値に大きなずれが生じるのは当たり前です。


> [p] は「問3状況の必要十分条件」です。
> そして
> [p] は「2封筒問題1万円バージョンの必要十分条件」でもあります。
> 命題:p を明示してください。

この質問は、「必要十分条件」の意味をわかっている人の問いとは思えません。
わかりやすく例えるなら、

 Q パラドクスって何ですか?

という問いに対し、

 Q 「何」って何ですか?

と問い返しているようなものです。
 

Re: (無題)

 投稿者:ゲゲゲ  投稿日:2017年 9月10日(日)14時07分23秒
返信・引用
  > No.4783[元記事へ]

遅読猫さんへのお返事です。

こんにちは。
あなたの悪口を書いたのは私ですよ。三浦さんではありません。

三浦さんの書かれた
>対話のマナーにおいて一人浮き上がってるな、くらいのことが認知できない人は困ってしまいますね。
という記述は、明らかに私に対しての警告です。

これまでのやりとりを見てきましたが、三浦さんはひと言としてあなたへの悪口なんか言っていません。
それくらいわかってください。
 

(無題)

 投稿者:遅読猫  投稿日:2017年 9月10日(日)10時33分35秒
返信・引用
  三浦さんへ

> ●問3
>  あなたは2つの封筒を提示された。あなたは左を選んだ。
>  その後、別室にいる胴元はサイコロでxを決め、xと2xの金を用意し、左右の区別をコイン投げで決めてそれぞれ封入した。
>  すでに選んであった左の封筒をあなたが開けると1万円入っていた。
> あなたはその1万円をもらうか、もう一方の封筒と交換するか、選ぶことができる。あなたの視点からして、どちらが得か。

> では改めて、
> http://8044.teacup.com/miurat/bbs/4605
> における問3状況の必要十分条件を、
> 遅読猫実験が({10000, 20000}に意図的に限定した実験が)満たしているでしょうか?

>  「問3状況の必要十分条件」とは、2封筒問題1万円バージョンの必要十分条件と同じです、と前回書きましたね。

では改めて

[p] は「問3状況の必要十分条件」です。
そして
[p] は「2封筒問題1万円バージョンの必要十分条件」でもあります。
命題:p を明示してください。

と、
それ以前に、三浦さん、命題:p を明示できますか?
[はい] / [いいえ]
人の悪口を書く時間はあるようですので、すぐに回答ください。

[はい] の場合
もう五か月以上立ってます。
人の悪口を書く時間はあるようですので、すぐに命題:p を明示してください。

[いいえ] の場合
どれだけ人に無駄な時間を取らせたか、認識してください。

※最初、私はスマシ"φ"について問い合わせだけのつもりでした。
それは三浦さんの書いてるものを読んで、あなたと議論しても時間の無駄と当初から分かっていたからです
(そうでなければ、この機に私から私の主張についての意見を求めていたはずです)
ところが

> ところで、”遅読猫” で検索したところ、確率関係の記事に行き当たりました。
> そこに次のような記述がありますが――
> …
> しかしこういうのを「期待値」と呼ぶのではありませんか?

と、あなたから先に「議論の出来ない人」にふっかけて来たのをお忘れなく。
つまり、私と違って、あなたは相手の書いているものを読む機会があったにも関わらず、その相手が「議論の出来ない人」であることが分からなかった、ということです。
 

Re: 感想

 投稿者:φ  投稿日:2017年 9月10日(日)04時39分51秒
返信・引用
  > No.4781[元記事へ]

ゲゲゲさんへのお返事です。

まあ議論の出来ない人とのやりとりは今まで10や20にとどまりませんので。……
ただ、内容的なことはもとより、
対話のマナーにおいて一人浮き上がってるな、くらいのことが認知できない人は困ってしまいますね。

二封筒問題については、ここ
https://www.u-tokyo-asahikouza.jp/2017年度講義概要/公開講座のお知らせ/
で現段階の考えを提示する予定です。
芸術学ともちょっと絡めながら。

↑「公開」といいながら、外部からの参加者の便宜を考えた案内サイトにはなっていないようですが……
 

感想

 投稿者:ゲゲゲ  投稿日:2017年 9月 9日(土)04時25分3秒
返信・引用
  三浦さんって我慢強いお方ですね。
遅読猫とかいう致命的な馬鹿とよくここまで冷静にやりとりされたものだと感心します。
どうやっても話の通じない、「議論に負ける準備」のない馬鹿は世の中にたくさんいます。
こんなやつはある程度相手してやったら放っておいてもいいと思いますよ。
 

Re: 50組の夫婦が住む村

 投稿者:φ  投稿日:2017年 8月17日(木)06時19分39秒
返信・引用
  > No.4779[元記事へ]

kotaさんへのお返事です。

> >
> >  この問題は明らかに不備ですね。
>
> ありがとうございます。
> やはり、問題に不備があったわけですか。
> 確率の問題や論理パズルでは、一言一句気をつけないとトンデモ問題になってしまいますね。
>

さらに細かいことを言うと、
「村の女はみな、自分の夫以外の男が不貞をはたらけば、即座にそれがわかる。しかし、自分の夫が不貞をはたらいてもわからない。」だけでなく、

 「村の女はみな、自分の夫以外の男が不貞をはたらいていなければ、即座にそれがわかる。」
という条件も必要です。
ただ、それは意味的に「不貞をはたらけば、即座にそれがわかる」≡「わからなければ不貞していない」に含意されていると見るのが自然ですけれどね。
 「わからなければ不貞していない」→「不貞していなければ不貞しているとわからない」→「不貞していなければ不貞していないとわかる)

 「不貞を働いているかどうかが即座にわかる」とすればOKですが、
 そういったことは但し書きではなく、物語の状況設定でクリアすべきですね。
 

Re: 50組の夫婦が住む村

 投稿者:kota  投稿日:2017年 8月16日(水)07時36分42秒
返信・引用
  > No.4778[元記事へ]

φさんへのお返事です。

> kotaさんへのお返事です。
>
> >
> > 「村の女はみな、自分の夫以外の男が不貞をはたらけば、即座にそれがわかる。しかし、自分の夫が不貞をはたらいてもわからない。」
> > という設問の条件ですが、ここには、
> > 「村の女はみな、『村の女はみな、自分の夫以外の男が不貞をはたらけば、即座にそれがわかる。』ということを知っている。」
> > という条件はありません。
> > この条件は問題文から読み取れるのでしょうか?
> > それとも必要ないのでしょうか?
> >
>
>  そのとおりですね。その条件がないと、この問題は成り立ちませんね。
>  最も単純な三人の場合で考えれば一目瞭然ですね。
>  他の二人が何のアクションも起こさないのは、単に「少なくとも一人の夫は不倫している」ことが初めからわかっていたから。それで終わってしまいます。
>  女王の宣言は単に、もとからあった知識を繰り返しただけに終わります。
>
>  この問題は明らかに不備ですね。

ありがとうございます。
やはり、問題に不備があったわけですか。
確率の問題や論理パズルでは、一言一句気をつけないとトンデモ問題になってしまいますね。
 

レンタル掲示板
/164